さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

東江そば


美味しい沖縄そばが食べたくて。

今日は、浦添市勢理客にある『東江そば』を訪問しました。



agariesoba.com

パイプライン通りから、少し入った通りにあり、大きく店名が書かれた店舗なので、すぐに分かります。
駐車場もあるのでありがたい。

店は、入りやすい雰囲気で、テーブルに座敷、カウンター席まであるので、家族連れから、1人での利用もとてもしやすいです。
開店に合わせて早めに訪問しましたが、開店の11時と同時にお客さんが連なり、すぐに満席になりました。
さすが人気店ですね。



『東江そば』は沖縄そばの専門店で、メニューは、三枚肉、軟骨ソーキ、本ソーキ、野菜そばなど、基本の沖縄そばが並びます。

各種の豚肉をミックス的に味わいたい方は、店名を冠した「東江そば」がお薦め。



f:id:sanpei808:20210816180629j:plain今回は、オーソドックスな三枚肉そば(中)670円を注文。


『東江そば』と言えば、沖縄県内でも「好きな沖縄そば屋」として名前がよく出てくる有名店。

私も大好きな店の一つですが、なかでもやっぱり印象的なのは、自家製の麺。
生麺の特徴のぷりぷり、つるっとした食感は他でなかなか食べられない味です。

麺をすするのが楽しくなるような 麺でした。

 

 

そして、麺を支えるスープも素敵で。

鰹出汁のスープは、派手さはなく、ひと口目は薄味に感じるほど控えめ。
でも、飲み進めていくと、じわーっと出しの美味しさが広がっていくんです。



三枚肉は、ふつうの 店よりもしっかり厚めで、存在感があります。
一方で、味付けは濃すぎず、スープの繊細と麺の美味しさを活かすような三枚肉だなと感じました。

 

 

優しくて、でもしっかりと麺のインパクトがある沖縄そばで、幅広い年齢層に人気なのが分かります。

ちなみにですが、『東江そば』は、沖縄そば屋 には珍しく、餃子があるんです。
そして、専門店に負けないぐらい美味しい。
お腹に余裕があれば、是非食べてほしい、サイドメニューです。

『東江そば』、雰囲気も入りやすいお店なので、家族連れや、観光の方にもお薦めの沖縄そば屋です。



浦添市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

 
小禄店>

okinawasoba.hatenablog.com