さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

玉家 前田店

f:id:sanpei808:20200725070054j:plain

昨日のお昼に『玉家前田店』を訪問しました。

 

沖縄には、沖縄そばの専門店をはじめ、そばを出す食堂や飲食店が多くあり、また家庭でも広く食べられています。

スープの違いや、麺の種類、トッピングの具材まで様々で、沖縄県民なら誰しも推しの沖縄そば屋があるもの。

 

そんな中で、お薦めに必ず名前が上がるのが『玉家』です。

南城市大里の本店が発祥ですが、現在は、豊崎店、名護店、南風原店などでも食べる事ができます。

 

今回は、浦添市にある前田店に行ってきました。

 

 

場所は、浦添警察署近く、モノレール前田駅からもすぐの場所です。

駐車場もあり、助かります。

 

 

メニューは、三枚肉そば、ソーキそば、てびちそば、トーフそばなどがあり、定番のいなりや、じゅーしーもあります。

今回は、ソーキそば大700円を注文しました。(小は600円)。

 

提供スピードが早いのも『玉家』の魅力。

ほどなくして着丼です。

 

 

まず、目を奪われるのが、綺麗な麺。

『玉家』と言えばこれ、亀浜製麺の麺です。

澄んだスープに、美しい麺のルックスにテンション上がります。

 

『玉家』の麺は、沖縄そばとしてはかなり細めで、ストレートの麺、長いのも特徴です。

だから喉越しが良くて、この長い麺を一息に啜って食べるのが美味しいんです。

 

麺との相性が抜群のスープは、鰹出汁主体のあっさりとしたもの。

 

本ソーキはごろんと二個入っていて、かぶりつくように食べました。おおぶりで、食べ応えあるソーキです。

 

 

麺が美味しくて、スープがあっさりと飲みやすいので、毎日でも食べたくなる沖縄そば

沖縄そばのベストスタンダードと言っていいと思います。

近所にあったら毎日通いたい。

 

今ではフォロワーも多く当たり前になりましたが、細麺に鰹出汁のあっさり系スープを合わせた『玉家』のスタイルは、やっぱりオリジナルで、あらためて美味しいと感じました。

 

 

前田店は、地元のお客さんが多く、みそ汁定食がメニューにあるなど、本店ともまた違った魅力があります。

 

地元に根差した店で、雰囲気も大好き。

前田でも、『玉家』の沖縄そばが味わえるのありがたいな。

 

また来ます。

 

 

 

 

f:id:sanpei808:20200725070321j:plain

じゅーしー150円もボリュームありました。

 

[http://:title]