さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

EIBUN

f:id:sanpei808:20200726073024j:plain

昨日、仕事の合間を縫って、以前から行きたかった沖縄そば屋を訪問してきました。

那覇市壺屋にある『EIBUN』です。

 

場所は、壺屋焼物博物館の近く。

国際通りや開南からもアクセスしやすく、公共交通機関も利用しやすいですし、周囲にはコインパーキングもたくさんあります。

 

 

お店の印象は、とにかく誰かに話したくなるような沖縄そば屋。

店の外観や、中の雰囲気、そばまで、思わず写真を撮りたくなりますし、何より他と違ってる!というスタイル満載の店なんです。

 

 

11時のオープンに間に合わせて訪問しましたが、すでに行列で、少し待つことに。人気がすごいですね。

 

ペイントされた外観や、お洒落な内装、かかっている音楽は、従来の沖縄そば屋のイメージとまた違っていて、どんなそばが出てくるんだろうと思い、ワクワクします。

 

 

メニューの特徴は、沖縄そばをベースにしながら、選択肢が多いこと。

 

麺の種類もベーシックなものから、生麺をはじめイカスミ、フーチバーなどの麺が選べます。

 

また、沖縄そばの種類も豊富、軟骨ソーキから、ゆし豆腐、牛もやし、肉そばや、まぜそば、他にも。

 

印象的だったのが、追加でプラスできるトッピングの多さ。

ネギやアーサなど沖縄そばの定番もあれば、味玉やパクチーなど、従来無かったような発想のものまで。

コーレーグースーをはじめ卓上の調味料も充実していて、選択肢が沢山あるのがワクワクします。

 

 

今回は、軟骨ソーキと塩軟骨が2種味わえるWソーキそばとじゅーしーのセット1000円を注文しました。

 

f:id:sanpei808:20200726073217j:plain

出てきた器にもびっくり。

ブルーの器に沖縄そばを合わせるのも、斬新な発想ですよね。でも、料理が映えてるから凄い。

 

沖縄そばは、まず、スープがとても美味しくて。

豚出汁を中心に、鰹や昆布を合わせているそうですが、すごく、優しい味わい。

洗練されていて、ほんとに、「汁」と言うより「スープ」と呼びたくなるような、満足感があります。

 

基本の麺は、中細で、ストレートの麺。

繊細なスープとの相性もよくて、いくらでも食べられる気になります。

 

ソーキは、味付けも程よく、塩軟骨ソーキの塩が良いインパクトがあって美味しかったです。

 

 

 

沖縄そばの未来系、とも言いたくなるようなお店。

若い方が、たくさん訪れていたのがとても印象的でした。

 

外観や内装から、提供される沖縄そばはもちろん、接客まで店の一環したコンセプトを感じます

とてもワクワクさせてくれるお店で、誰かに話したい、誰かと行きたいと必ず思わされるはず。

 

自分も今回は基本のそばを食べたので、次回は色々とアレンジに挑戦したいな。

 

 

f:id:sanpei808:20200726073256j:plain

メニューの絵もすごく可愛い。




那覇市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]