さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

まいにち食堂

f:id:sanpei808:20200802155326j:plain

読谷村字喜納にある『まいにち食堂』を訪問しました。

インスタグラムを見て、是非訪問してみたいと思っていた店舗です。休日にドライブをかねて、読谷へ行ってきました。

 

 

場所は、58号線を北向け、読谷村喜納から左折して近くにあり、ナビを参考にすると良いかと思います。

通りには、看板があるので、案内に沿っていくとすぐ分かりますよ。駐車場もあるので安心。

 

 

店内は、落ち着いた内装で、カフェのようなつくり。

穏やかな音楽も相まって、凄くリラックスできる雰囲気です。

 

 

メニューは、三枚肉そば、軟骨ソーキそば、ゆし豆腐そばなどの定番の他に、アーサそば、スーチカーのそば、なんてのも有りました。

 

初めての今回は、軟骨ソーキそばにじゅーしーのセット900円を注文。

ちなみに、ネギが、小ネギと白髪ネギから選べます。細かい気遣い。

 

 

f:id:sanpei808:20200802155413j:plain

ほどなくして、出てきたソーキそばは、見た目も美しい一杯。

 

スープは、ひと口目は、味付けが薄いと感じましたが、飲み進めるほどに、鰹を中心とした出汁の旨味が広がっていきます。

ひと口毎に印象が変わっていくようなスープ。

 

塩の味付けを最小限に抑えているから、奥にある出汁の美味しさが引き出されている感じ。

 

正直言って、「沖縄そば」の観念が変わるぐらいの驚きがありました。

 

麺は、あっさりとしたスープと良く合う、細麺のストレート。

繊細なスープとマッチしていて、食べ応えもあります。

 

軟骨ソーキの味付けも程良くて、スープ、麺、ネギ、かまぼこ、ソーキ、全部で完成するような、一杯でした。

 

 

出汁の旨さを突き詰めたような沖縄そば

食べたら、きっと驚きがあると思います。

沖縄そばじょーぐー(沖縄そば好き)に、是非、食べてほしいな。

 

 

 

f:id:sanpei808:20200802155229j:plain

ちなみに、さすが焼物の里、読谷だけあって、器がとても素敵。器を見ているだけでも楽しい。

 

 

 

f:id:sanpei808:20200802155036j:plain

ちなみに、店では、フーチバーを使った七味を販売しています。お土産に買いました。可愛いデザイン。



読谷村沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]