さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

ふくや

f:id:sanpei808:20200804113854j:plain

沖縄そばのジャンルには、「野菜そば」とか「肉そば」があって。

これは、いわゆる麺とスープを合わせ、豚肉(三枚肉)を乗せた、オーソドックスな沖縄そばとは、また違います。

 

簡単に言えば、沖縄そばに、野菜炒めを乗せた料理なんですが、1+1じゃなくて。

 

沖縄そば×野菜炒め=無限大の美味しさ

 

なんです。

 

 

今回は、浦添市宮城にある老舗の食堂『ふくや』の肉そばを紹介。

 

『ふくや』は、浦添市のパイプライン通りから、税務署通りに入り、58号線向けに走って左手にあります。

駐車場もありますよ。

 

 

昔ながらの食堂で、風情があって、めちゃくちゃ好みです。

壁一面に貼られたメニューは、カツ丼からちゃんぷるー各種、カレーからオムライスまで。

 

沖縄そば系は、沖縄そば(大)650円、(中)550円、肉そば850円、野菜そば750円、ソーキそば850円。

 

 

今回は、肉そばをいただきました。

 

f:id:sanpei808:20200804114008j:plain

写真では伝わりにくいかと思いますが、この肉そば、器自体がかなり大きく、かなりのボリューム。

通常の、大盛りサイズはあります。

 

 

まず、肉野菜炒め自体が美味しい。

豚肉に、かまぼこ、もやし、人参、葉野菜、玉ねぎ、ネギが入ったちゃんぷるーで、味付けはしっかり。

 

これが、沖縄そばにだんだん浸透していき、野菜の甘味、肉の油が溶け出したスープは、旨味をましていきます。

 

これを沖縄そばの麺と合わせて食べる。

 

肉野菜と、旨味が溶け出したスープ、麺、これが渾然一体となって、カオスなのが、肉そばの最大の魅力。

わしわしと食らう、肉そばは、理屈を超えた美味しさがあります。

 

これぞ、沖縄のパワーフード。

食べたら必ず元気が出る。

 

 

 

オーソドックスな沖縄そばが、出汁の美味しさと麺を楽しむ、シンプルさや繊細さが魅力なら。

肉そばは、ジャンクさやボリュームを楽しむ、最強B級グルメと言ったところでしょうか。

 

理屈はいらない、単純に旨い。

沖縄にきたら、一度は、「肉そば」「野菜そば」食べてみてください。



浦添市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]