さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

新山食堂

f:id:sanpei808:20200808213528j:plain


今日の沖縄は、今年1番と言いたくなるような快晴。

対策にも気をつけながら、北部へドライブへ出かけました。

名護市街嘉津宇岳辺戸岬と回って帰ってきましたよ。心地よいぐったり感です。



ドライブの途中、名護市大東にある『新山食堂』へ行ってきました。

大正12年創業とのことで、沖縄を代表する老舗の沖縄そば屋です。


名護市に住んでいた時以来、久しぶりの訪問です。



場所は、名護十字路からほど近い、住宅地の奥まった場所にあります。

駐車場のスペースもあり、これなら車できても問題なく駐車できますよ。


民家に佇む瓦屋根の店は、やっぱり老舗の食堂の味が出ています。

店内も、壁一面の有名人の色紙や、食券の販売機など雰囲気があり。



沖縄そばの専門店で、メニューは、シンプルに沖縄そばが中心。

三枚肉、野菜そば、てびち、フーチバーそばなどがありますが、今日はソーキそば700円をいただきました。



老舗沖縄そば店で、特筆すべきは、やっぱりスープと麺。


スープはしっかり鰹出汁が香り、澄んだスープの外観どおり非常にあっさり。

それでいて出汁がしっかり感じられます。

シンプルな味付けだからこそ、 出汁の美味しさが強く感じられる。おかわりしたくなるような柔らかいスープでした。


麺は、超幅広の平麺。

北部を代表する平麺ですが、『新山食堂』の平麺は、沖縄県内でも、最も幅広かつ薄い麺。

この食感は、ほかではなかなか味わえないと思います。

きしめんを食べた時のような不思議な食感です。


ただ、この幅広な麺は、あっさりスープと良く合うんです。

バランスだなぁと思いました。


具は、こんぶに厚揚げと、他でなかなか見られないもので特徴的。

ソーキは、薄味で仕上げていて、優しいスープ、麺とマッチしています。




老舗の味が連綿と受け継がれ、今日も地元に愛されているのは嬉しい。

歴史を噛みしめながら、ソーキそばを食べました。

まーさん。


f:id:sanpei808:20200808223259j:plain

写真は、沖縄本島最北端、辺戸岬です。

今日は天気がよく与論島(鹿児島)が綺麗に見えました。