さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

あがり家+

f:id:sanpei808:20200814190243j:plain


ようやく週末ですね。皆さんお疲れ様です。

一週間が一段落する金曜の夕方が、一番ほっとします。


今日は浦添に用事があり、浦添市伊祖にある沖縄そば専門店『あがり家+』を訪問しました。



『あがり家+』の特徴は、利用のしやすさと、オリジナルで豊富なメニューです。



一点目の利用のしやすさ。


場所は、浦添市伊祖のマックスバリューがある商業施設の中。

複数の店舗が併設されていますが、駐車場が広いので、とても安心。いつでも訪問がしやすいです。


店舗は、清潔感があってオペレーションもとてもスムーズ。

家族連れや会食などでも安心して利用できます。カウンター席もあるので、もちろん一人でも入りやすい雰囲気ですよ。


f:id:sanpei808:20200814190323j:plain

店で見つけた、ティッシュ入れ。沖縄では馴染みのある「スパム」のポーク缶を用いていて、お洒落な小物が素敵です。



二点目のオリジナルで豊富なメニュー。

沖縄そばの定番、三枚肉のそば、炙りソーキそば、野菜そばはもちろん、沖縄そばを用いた「つけそば」や「赤ラー油そば」などオリジナルなメニューが揃っています。

また、サイドメニューも豊富で、唐揚げやソーキ丼などがあります。


家族連れなどは、好みが分かれるもの。

沖縄そば屋でも、選択肢が豊富なのはありがたいですよね。


今回は、オーソドックスに、「とろソーキそば」700円と、じゅーしーを注文しました。

じゅーしーは、毎月「14日」はサービスで100円とのこと。遊び心があるサービスですよね。ありがたい。



f:id:sanpei808:20200814190354j:plain

ほどなくして着丼。

スープは、アグーと本カツオを用いているとのことですが、確かに豚の出汁が出ていて、しっかりとした印象のスープでした。

鰹出汁とのバランスも良かったです。


麺は、平麺ですが、幅が違う麺を組み合わせていて、食感に変化を持たせています。

存在感のある麺でした。


ごろごろと乗った軟骨ソーキは、とろとろ。

味付けは控えめで、良い塩梅。



食べ応えのある麺と、豚をベースにしっかりとしたスープで満足感のある一杯でした。

次回は、少し変わったメニューにもチャレンジしてみたいです。