さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

亀かめそば

f:id:sanpei808:20200815171347j:plain

 

週末は沖縄そばを食べようって事で、ぶらり那覇市若狭へ、車を走らせました。

全国的にはお盆ですが、沖縄は旧暦で盆をやるので普通のお休みです。

 

 

地元沖縄でもファンが多い『亀かめそば』。

 

沖縄そばの魅力に、早くて、安くて、凄く美味い、ってのがあると思うんですが、まさにそれを体現したようなお店です。

 

屋台からスタートしたとの事で、庶民的な雰囲気で、早くて、ボリュームがあって、そばが旨い。

ちょっと寄っていこうか、と思える気軽さが良いんです。

 

 

場所は、空港からも直ぐにアクセスできる那覇市若狭。

店は、路地にありますが、のぼりで分かるはず。駐車場は数台分です。

 

店構えがまず、私的にはぐっとくる感じで。

くたびれた提灯と、ピンク色の日差しを見ると『亀かめそば』だなあ、と。

 

 

入り口すぐで食券を購入。

メニューは、沖縄そばを中心にシンプルな構成。軟骨ソーキそば、フーチバーそばなど。

サイドメニューに、いなりがあります。

 

食券を渡して、サービスで入れ放題のフーチバーを取ります。

フーチバーと言えば、沖縄そばのトッピングとして定番ですが、これがサービスとは嬉しい。しかも好みの量が選べます。

私も、迷わずフーチバーをチョイス。

 

フーチバーは風味が強いので、大量に入れると味が大きく変わります。利用はする時は、適量で。

 

https://okinawasoba.hatenablog.com/entry/2020/08/15/112947

 

 

 

今回は、人気の軟骨ソーキそば(中)650円をいただきました。

 

好みで、フーチバーを入れていきます。

店の方からの助言で、スープが熱々の内に、フーチバーを入れるとよく馴染んで美味しいとのこと。

 

f:id:sanpei808:20200815171514j:plain

スープは、しっかりと豚の出汁が効いていて、鰹の風味も豊か。

ストレートに旨さが伝わってくるスープで、食べ応えもあるけど、後味はスッキリ。もう、どんどん行けそうな気分になる。

 

麺は、『亀かめそば』の名前のとおり。亀浜製麺のあの麺。

沖縄そば界でも、最長(個人的には)と思われる麺を、ズズズズっと啜る幸せ。

この細麺の喉越しが、めちゃくちゃ好きです。

 

ゴロゴロ入った軟骨ソーキは、甘めの味付けで、麺がまた進みました。

 

フーチバーも良い仕事してて、最初の香りでまず食欲をそそり、途中からは麺やソーキと交えながら、とても良いアクセントになってました。

最近食べてませんでしたが、あらためてフーチバーの魅力を認識しました。

 

 

 

理屈じゃなくて、胃袋で食べる沖縄そば

 

カウンターには、漫画本が並んでいるのですが、「シティハンター」のコミックスが、個人的にツボでした。

回転が速い沖縄そば店なのに、漫画を置いているホスピタリティよ。「ちょっとでも寛いでって」という店の優しさをビンビンに感じます。

 

また帰ってきたくなる。『亀かめそば』。

 

 

 

 

f:id:sanpei808:20200815171655j:plain

ちなみに、いなりは一個50円。一個から買えます。まーさん。

 



那覇市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]