さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

ちょーでーぐぁ

f:id:sanpei808:20200823200805j:plain


今日の沖縄は、台風8号の影響で不安定な天気が続いています。

風はまだあまり強くないのですが、明日にかけて注意が必要ですね。


週末は沖縄そばを食べに行こうって事で、西原町呉屋にある『ちょーでーぐぁ』を訪問しました。


「ちょーでー」は、沖縄の方言で「兄弟」の意味。



『ちょーでーぐぁ』は、329号線を南向けに走り、サンエー西原シティ手前から右折。

直進すると、左手にあります。

駐車場も広めで、目立つ店舗なので、すぐに分かるはず。



『ちょーでーぐぁ』の特徴は、何と言っても麺やメニューの豊富さ。

私自身まだまだ全容を把握しきれていないのですが。


まず、自家製の生麺(細麺)、純手打ち生麺(もちもち麺)があり、加えて、イカ墨、フーチバー、アーサの麺がそれぞれあるんです。


これだけでも圧巻ですが、珍しい「冷やしすば」があり、カレーそば、ゆし豆腐そば、中味そば、野菜そばが揃っています。


具材はもちろん、定番の三枚肉、本ソーキ、軟骨ソーキが揃っており、各種の麺との組み合わせが可能。

これだけあると、組み合わせは無限ですね。


家族連れなど、複数で訪問した時は、これだけ選択肢のバラエティがあると嬉しいです。



今回は、肉をミックスした、「スペシャルちょーでーぐぁ」を純手打ち生麺でいただきました。お値段900円です。



f:id:sanpei808:20200823200938j:plain

ほどなくして着丼。

第一印象は、やっぱり麺に目がいきます。


不揃いの麺は、厚みもある平麺で見るからに美味しそう。

もちっとしていながら、食べた瞬間、歯を押し返えすような、しっかりとした麺。

少しウェーブもかかっていて、食感もとても良かったです。


スープは、澄んだ見た目どおり、すっきりとした印象。

鰹に、豚ガラ、鶏ガラ、野菜から取った出汁とのことですが、バランスが良くて、幅広い層に好まれるスープだと思います。


具材は、贅沢に、三枚肉、本ソーキ、軟骨ソーキが乗った仕様。

味付けは控えめで、繊細なスープや麺が引き立つような印象でした。

複数の豚肉が食べ比べできるので、「スペシャル」お薦めですよ。


清涼感のある刻み生姜も、良いアクセントでした。




食べ応えある麺に、三種の豚肉を堪能して、心地よい余韻に浸りながら店を出ました。


とにかく、まだまだ種類がたくさんある店なので、麺を全制覇してみたいですね。


変わった麺もあるので、気になったら、西原町の『ちょーでーぐぁ』訪問してみてください。



f:id:sanpei808:20200823201036j:plain

じゅーしーは控えめな味付け。そばに合っていて、まーさん。