さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

栄町 ボトルネック

f:id:sanpei808:20200904175533j:plain

 

念願だった、那覇市の栄町『ボトルネック』を訪問しました。

 

那覇市の栄町(さかえまち)は、古くからある市場、飲み屋街などの地域です。

一時期は元気がなかった市場ですが、ここ数年、小規模な飲食店の出店が相次いでおり、地元でも人気のスポットになっています。

計画して作られたテナントとは違い、良い意味で脈絡のない飲食店の集まりは、不思議な魅力を醸し出しています。

 

 

私も栄町の雰囲気が大好きで、焼き鳥屋やせんべろに通ってきました。

 

そんな、栄町で沖縄そばの有名店が『ボトルネック』。

お酒飲めて、美味しい沖縄そばも食べられるとあって評判のお店です。

 

昨日、訪れた『ボトルネック』の記憶をたどっていきましょう・・・

 

 

 

 

夕方、沖縄都市モノレール「安里」駅を降りて、足早に栄町の飲み屋街へ。

 

市場内の一角に『ボトルネック』はある。

店は、沖縄の古い民家のような内装で、どこか落ち着く。

はじめてだけど、はじめての気がしない店の雰囲気。

 

 

カウンター席に腰を下ろして、まずはビール。

銘柄はもちろん地元の酒、オリオンビールだ。乾いた身体に、アルコールが染みこんでいくのが分かる。

 

つまみに頼んだのは、スクガラス豆腐。

スクは、小魚を塩漬けにしたもので、沖縄のしま豆腐と合わせると、抜群に旨い。

 

居酒屋が良いのはやっぱり、その時々で、好きな肴を好きなタイミングで選べるところ。

2杯目のビールが中頃になったところで、ポーク玉子を頼んだ。

 

3杯目のビールで、仕事の悩みが溶けていって、どうでも良くなったところで、沖縄そばを注文。

ぼーっとしていると、沖縄そばが届いた。

 

f:id:sanpei808:20200904175653j:plain

ボトルネック』の最大の特徴は、沖縄そばのスープがやかんで提供されるところ。

客は、好きなタイミングで、熱々のスープを入れることができる。

スープは、やかんに器の1.5杯分ぐらいは入っているから、好きなだけ、「替え玉」ならぬ「替えスープ」を楽しめるわけだ。

 

 

f:id:sanpei808:20200904175730j:plain

最初は、なみなみとスープを注ぎ、半分ほど麺を食べてスープを継ぎ足し、最後にまたスープを追加した。

好きな沖縄そばのスープを好きなだけおかわりできる幸せ。

 

麺は平打ちの細麺で、スープともよく絡む。

量もちょうどよい。

濃い味付けの三枚肉と、ネギの清涼感が、そばに彩りを与えた。

気づくと夢中で食べ終えていた沖縄そば

 

 

f:id:sanpei808:20200904175804j:plain

最後の晩餐には何が食べたい?の質問にはいつも迷うけど。

 

今晩は、『ボトルネック』の沖縄そばが、最後の晩餐でも良いかと思った。

いつか来る、その時に、最後の一杯が『ボトルネック』の沖縄そばなら最高だ。

 

好きな肴で、オリオンビールを飲んで。程よく酔いがまわった後で、好きな沖縄そばを食べる。

至福のひと時。

 

スープの余韻にひたりながら、家路についた。




那覇市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]