さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

沖縄すば処 月桃

f:id:sanpei808:20200913171302j:plain

 

沖縄では、緊急事態宣言が解除されて1週間。

ようやく日常が戻りつつあります。

普通に友人と会ったり、外へ出られる生活のありがたみを感じています。

 

さて、週末は沖縄そばを食べに行こうってことで。

那覇市寄宮にある沖縄そばの有名店『月桃』を訪問しました。

 

 

場所は真和志小学校の近く、JAおきなわ真和志支店の建物内に、併設されている店です。

JAの駐車場が広くあるので、駐車に困らないのは嬉しいですね。

 

店は、落ち着いていて、家族連れから、1人客まで、誰でも入りやすい雰囲気。

この日も、小さな子ども連れの家族が二組きていて、沖縄そばを楽しんでいました。

地元に親しまれている沖縄そば屋って、良いですよね。

 

 

 

メニューは、基本の沖縄そばから、本ソーキそば、炙軟骨ソーキそば、ゆし豆腐そば、さらにカレーそばなんてのもあります。

 

セットは、プラス150円で、じゅーしー、もずく、果物が付いて、めちゃお得。

 

今回は、肉3種類全てが味わえる「肉舞そば」(大)750円をいただきました。

 

 

f:id:sanpei808:20200913171435j:plain

月桃』の特徴は、二つ。

沖縄そばの根幹でもある、スープと麺に他には無い特色があります。

 

一つ目は、スープ。

スープは、「あっさり」と「こってり」の2種類から選べますが、今回は「こってり」をチョイス。

写真から分かると思いますが、乳化して白濁した豚骨出汁のスープは、沖縄そば専門店の中でも、最も濃厚なもの。

 

クリーミーで滑らかな豚骨スープは、『月桃』でしか味わえない特別な味です。

満足感あるスープですが、くどさは無く、味付けはあくまで上品。最後までしっかり飲み干せます。

 

 

二つ目の特徴は、麺。

昔ながらの木灰汁を用い、手打ちで作られた麺は、力強い中太麺。

 

コシのしっかりした、縮れの入った麺は、独特な食感で、スープに負けないインパクト。

食べ進めるのが嬉しくなるような麺でした。

 

 

 

とにかく県内の沖縄そばの中でも、特徴的な一杯で、『月桃』の沖縄そばの強烈なファンがいるのも、うなずけます。

 

強火で、8時間以上煮込んで作るという、豚骨スープ。

沖縄そばは、「こってり」派という方は、是非、食べてみてほしいお店です。

 

 

f:id:sanpei808:20200913171529j:plain

じゅーしーも、お得でまーさん。

[http://:title]