さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

玉家 本店

f:id:sanpei808:20200920081452j:plain

 

連休いかがお過ごしですか。

沖縄は好天に恵まれ、良い休日になっています。

 

そば活を楽しんでいる週末。

長らく行けてなかった、南城市大里にある『玉家 本店』を訪問しました。

 

 

『玉家』と言えば、沖縄そばの人気投票をすれば、必ず上位に名前が上がる、超人気店です。

県内に複数の支店がありますが、南城市は玉家発祥の地で、こちらが本店になります。

 

 

本店は、久しぶりの訪問で、この日を楽しみにしていました。

店は、通り沿いで、ナビで行けばすぐに分かるはず。駐車場も広めなので、安心です。

ただし、屈指の人気店なので、時間帯によって待つ可能性もあります。

 

一階が、沖縄そば屋『玉家』。

二階が、剛柔流の空手道場という、沖縄ならではの建物。

この店構えを見ると『玉家』に来たなと感じます。

 

ピークを避けての訪問でしたが、相変わらず、店はほぼ満席でした。

 

 

 

メニューは、シンプルな構成で、ソーキそば、三枚肉そば、てびちそばがあり、それぞれサイズが選べます。

サイドメニューには、じゅーしーや、いなりも。

 

今回は、両方の肉が味わえるミックスそば(大)をいただきました。

 

f:id:sanpei808:20200920081651j:plain

 

『玉家』の魅力は、何と言っても麺。

そして、この麺と相性抜群のスープ。

私も初めて食べて以来、『玉家』の沖縄そばの虜です。

 

沖縄そばとしては、極めて細い、平たい麺。

縮れのないストレートで、そしてこれが長い。

ひと口で啜るのが大変なほど、長い麺。

 

これが独特の啜り心地と、食感、美味しさがあって、とにかく啜るのが楽しい麺なんです。

 

今では沖縄県内でも広く人気の「亀濱製麺」の麺ですが、やっぱり『玉家』が格別に美味しい。

 

スープは、鰹と豚の出汁で、あっさり。

控えめな味付けで、出汁の旨味をじんわりと感じるようなスープです。

飽きがこない、もうずっと飲んでいたくなるような気分に。

 

お肉は、本ソーキが特に美味しく。

味付けも良い塩梅で、がっつりと食べられて満足感がありました。

 

 

 

シンプルだけど、とにかくまた食べたくなる沖縄そば

だから、多くの人に愛されているんだと思います。

 

この日も、家族連れの子どもから、高校生、観光の若い方、地元の高齢者まで、本当に老若男女、幅広い年齢層が来店していました。

ファストフードでも、レストランでもなかなか、こういった光景を見る事は少なく。

気軽に食べられて、どの年代からも愛される、沖縄そばそのものの魅力も感じました。

 

定期的に訪れたいお店です。

 

 

 

f:id:sanpei808:20200920081946j:plain

じゅーしーも、まーさん。

[http://:title]