さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

だるま屋

 

f:id:sanpei808:20200922085654j:plain

 

人には、人生の重要な決断を迫られる時があります。

仕事や家庭、恋愛など。

 

 

今がその時でした。

目の前のメニューには、沖縄そばと、カツカレーが。

 

ブログやってるぐらいだから、もちろん大好きな沖縄そば

一方で、カツカレーの魔力には抗えない。

 

悩む・・・

 

 

 

そんなシチュエーションを解決できる店があるんです。

 

西原町幸地にある食堂『だるま屋』。

首里の石嶺本通りから、西原・浦添向け。伊藤園がある十字路の手前です。

駐車場あり。

 

沖縄の食堂と言えば、豊富なメニュー、リーズナブルな価格設定、ボリュームと、庶民の強い味方ですが。

そんな、食堂の中でも勢いがあるのが『だるま屋』。

 

 

首里石嶺時代から、安さとボリュームで、大変お世話になっており、大好きな食堂の一つです。

 

『だるま屋』の特徴は、攻めたメニュー構成。

一般的に、沖縄の食堂は、ちゃんぷるー、汁物、煮付けなど郷土料理を定番にしていますが、『だるま屋』の看板メニューは、キーマカレーに、魯肉飯(ルーローハン)、ガパオライスまで。

食堂とは思えない、変わったメニューが豊富なんです。

 

そして、ありがたい事に沖縄そばとのセットメニューが豊富。

通常、ありえない、沖縄そばと、カツカレーのセットも『だるま屋』なら実現できちゃうんです。

 

 

 

f:id:sanpei808:20200922085904j:plain

はい!

カツカレー沖縄そばセット730円。

 

ボリュームあるカツカレーに、沖縄そばがついて、この値段とは。

 

まさに沖縄男性の二大好物を掛け合わせた、セパの4番、岡本と山川が並んだような、夢のメニューです。

これで730円です。

 

ちなみに沖縄そばは、いわゆる定食のお吸い物サイズではなく、並よりやや小さいぐらいを覚悟してほしい。

 

 

f:id:sanpei808:20200922090049j:plain

まずは沖縄そばから。

白濁したスープは、出汁は豚が効いていて、しっかりしているけど、濃すぎない味付け。

もちろん沖縄そばだけでも十分旨い。

 

f:id:sanpei808:20200922090259j:plain

そして、カツカレー。

初見でカツの大きさにまず驚き。大ぶりのカツがしっかりと鎮座しています。

カレーは、想像していた通りの定番の味。挽肉と玉ねぎが入っていて、シンプルイズベスト。

揚げたてのカツとの相性は最高でした。

 

 

 

ヘルシーとかオーガニックとかロハスとか。ぶっ飛ばすような、力強いメニュー。

 

カツカレーと沖縄そばセット。

男子の夢として、ずっと生き続けてほしいメニューです。

[http://:title]