さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

そば処 きくや

f:id:sanpei808:20201116190422j:plain

 

食べ歩きの魅力って何かと聞かれたら。

もちろん、店舗毎に異なる様々な沖縄そばをたくさん食べてみたい、という事が一番にくるのですが。

それだけじゃなく、動機はいくつもあります。

 

なかでも大きいのは、素敵な沖縄そば屋を直接訪ねて、そばを食べること。

お取り寄せや宅配では味わえない、店舗の雰囲気もまた、魅力の一つだと考えています。

 

たくさん回ることや、効率良く回ることが優先じゃなく、時には迷ったり、回り道をしながら沖縄そば屋にたどり着くのが楽しみなんです。

 

 

 

個人的に好みの店舗は、大規模店や国道沿いの路面店ではなく、少し路地に入った、民家のような佇まいのお店。

家族でやっているような沖縄そば屋にぐっときます。

 

今回訪問した『そば処 きくや』は自分の好みにビビビとくる沖縄そば屋でした。

 

 

場所は、那覇市のイオン那覇店からも近い、那覇市田原にあります。

那覇空港からも近く、モノレールも通っているアクセスの良い地域ですが、店の場所は少奥まっています。

221号線から、路地に入り、周囲は閑静な住宅街にひっそりと佇むように店が。

こういう雰囲気大好きです。

 

黄色い庇と、のれんが目印。

のれんに『そば処 きくや』のデザインが良い感じ。

 

店は、こぢんまりとしていますが、座席数はけっこうあって、カウンター席にテーブル席、座敷もあります。

 

 

 

メニューはシンプルに沖縄そばが中心。

素そばを基本に、三枚肉そば、軟骨ソーキそば、本ソーキそば、変わったところでゆし豆腐わかめそばなども。

サイドメニューにくふぁじゅ~しぃがあります。

 

面白いのが、そばのサイズで、基本が(大)、大きめが(特大)で、(中)や(小)はないんですね。

普通に食べたければ(大)、たくさん食べたければ(特大)って事で良いかと思います。

 

今回は、店お薦めの三枚肉そばを、(特大)790円でいただきました。

 

 

f:id:sanpei808:20201116190549j:plain

程なくして運ばれてきた三枚肉そばは、見た目も沖縄そばの定番といった感じの造り。

ネギに、かまぼこ、中央に三枚肉。これぞ沖縄そばの王道です。

 

一番印象的だったのは、このスープ。

とにかく優しい滋味のあるスープ。

 

鰹出汁と豚、野菜を加えて出汁を取っているそうですが、味付けは、ごくごく控えめ。

パンチがあるスープとは対極の、出汁のじんわりとした美味しさを味わうタイプの沖縄そばです。

 

ふだん、暴飲暴食しがちな身体に、染み込むような優しいスープでした。

 

 

 

f:id:sanpei808:20201116190730j:plain

このスープに合わせるのが、不揃いで、縮れの入った独特な麺。

あえて不揃いな太さにした麺が、食感の変化を生んでいます。

手揉みしていることもあって、手打ち麺のような食べ応えがあります。

 

モチッとした感じもあって、自分は好きですね。

 

しっかりとした三枚肉は、お薦めだけあって美味しい。

これが定番だよな、と思わず頷きます。

 

 

 

外食というと、どうしても濃厚さや、刺激、ボリュームに目が行きがちですが。

その逆を行くような、ホッとするような、優しい沖縄そばです。

沖縄そばの魅力を再確認するような一杯でした。

 

皆さんも、休日に小禄の住宅街で、そば屋を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

f:id:sanpei808:20201116190957j:plain

じゅーしーの味付けもあっさり。まーさん。



那覇市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]