さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

鶏そば屋 いしぐふー 2

 

f:id:sanpei808:20210110113835j:plain

 

今日の沖縄は、めちゃくちゃ快晴。

曇天が続いていたので、久しぶりの好天に朝からテンションが最高潮に。

こんな日は、やっぱりドライブ&沖縄そばだな、という事で早い時間からそば活へ行ってきました。

 

 

f:id:sanpei808:20210110113908j:plain

今日の天気はこんな感じ。

 

 

 

店は、浦添市港川にある『鶏そば屋 いしぐふー』。

沖縄そば専門店の多くが昼営業で、早い時間帯から沖縄そばが食べられる店は、沖縄でも多くないのですが。

『鶏そば屋 いしぐふー』は、営業が朝9時からなのでありがたい。

 

昨年、8月以来の訪問です。

 

〈前回の訪問記事は、こちら

okinawasoba.hatenablog.com

 

 

 

f:id:sanpei808:20210110113947j:plain

今回の目当ては、これ。

『鶏そば屋 いしぐふー』のインスタグラムで、気になっていた、期間限定メニューの「特選黒マーユそば」です。

 

マー油とは、にんにくを主とした香味野菜各種をラードで揚げて作った香味油です。

 

独特の香りが特徴的で、マー油というと、私は熊本ラーメンや、桂花などを思い出します。

 

ラーメンでは良く使われるマー油ですが、インパクトが強い油だけに、沖縄そばと合わせるとどんな仕上がりになるのか、とても興味がありました。

 

 

f:id:sanpei808:20210110114045j:plain

カウンターで、味を想像しながら待っていると、程なくして着丼。

 

第一印象は、マー油の香りがとにかく食欲をそそる、そば。

香りでまずやられてしまいます。

 

油を加える事によって、スープはより濃厚に、そしてマー油でコクがでています。

 

ただ、くどさはなく、ラーメンなどのマー油ほどこってり感は無く、そばのスープと合わせても違和感ありません。

鶏出汁のスープがもともとしっかりしているので、スープの美味しさを損なうことなく、コクがましている感じ。

 

そして、定番の自家製生麺も、強烈なマー油とスープに負けない存在感。

中太の平打ち麺は、コシがあって、麺自体にも風味があります。

 

前回も、書きましたが具材の炙り鶏肉が本当に美味しい。

味付けも良く、食べ応えもあって、「黒マーユそば」になっても美味しさは健在です。

 

 

f:id:sanpei808:20210110114143j:plain

従来の鶏そばに、マー油を加えることで重厚な美味しさになった一杯。

マー油の香りに誘われ、箸が止まりませんでした。

 

インパクトに走った奇抜なそばという印象は無く、あくまでバランス良く上品な仕上がりになっています。

新しいチャレンジには賛否両論あると思いますが、私は沖縄そば専門店の新しい取組みを積極的に支持したいな。

沖縄そばでもきっと初めて、ソーキを乗せた人や、かまぼこを乗せた人、紅生姜を乗せた人がいたはず。

 

香味油との組み合わせも、沖縄そばの可能性の一つだと思います。

是非、食べてみてください。

 

 

 

 

f:id:sanpei808:20210110114227j:plain

サイドメニューが充実しているのも嬉しい『鶏そば屋 いしぐふー』。親子丼は、もちろん間違いない美味さ。