さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

すば処 あじぐくる 2

 

f:id:sanpei808:20210122182340j:plain

 

那覇市首里と言えば城下町。

首里城がある古都ですよね。

 

史跡や文化財が多くある町ですが、沖縄そばの有名店が揃う町でもあります。

伝説の名店『さくら屋』があったのも首里当蔵町ですよね。

〈『さくら屋』関連の過去記事〉

okinawasoba.hatenablog.com

 

 

首里そば』、『御殿山』、『てぃしらじそば』、みな沖縄そばを代表するお店だと思います。

 

そんな、首里の大名町に、昨年8月にオープンした沖縄そば専門店が、『すば処 あじぐくる』。

こちらもまた、首里らしく上品で、本格派な沖縄そば屋です。

 

自分も好みの味で、シンプルに直球勝負な沖縄そばに凄く好印象を持っています。

 

場所などは、前回の訪問を参考にしてください。

 

〈『あじぐくる』前回の訪問記事〉

okinawasoba.hatenablog.com

 

 

カウンターのみの6席。

メインのメニューは、三枚肉そばと、軟骨ソーキそばのみ、という、本気のお店。

 

ただ、雰囲気は、清潔感があって心地よい音楽が流れる、凄く入りやすい店になっています。

接客もソフトで、丁寧ですよ。

 

 

 

厳選したメニューに期待が高まりますよね。

今回は、三枚肉そば850円と、ジューシー(小)100円、てびち唐揚げ200円をいただきました。

 

ちなみに、沖縄そばには、小鉢とサラダが付くため、セットメニューの価格だと思った方が良いです。

 

f:id:sanpei808:20210122182620j:plain

小鉢と、サラダを食べながら沖縄そばを待ちます。

味付けに工夫があって美味しい。

 

 

f:id:sanpei808:20210122182724j:plain

程なくして、運ばれてきた三枚肉そば。

まず、一般的な三枚肉そばと違ったルックスに驚かされます。

通常よりも、薄くスライスした三枚肉を、器の全面に乗せたつくり。

見た目からインパクトあります。

 

具材にも工夫があって、刻み生姜に、ネギ、キクラゲに、もやしも入っています。

沖縄そばでは珍しい構成。

 

 

 

まずは、スープから。

前回も感じましたが、あっさりとしていながら、鰹出汁を中心に、出汁の美味しさがしっかり感じられるスープ。

いつまでも飲んでいられる気持ちになる、澄んだスープです。

 

麺は細めのストレート。

歯応えも良く美味しい麺。

 

三枚肉は、薄くスライスしたことで、通常とはまた違った、しっとりとした印象の肉に。

見た目も食感もとても面白かったです。

 

具材の、キクラゲともやしは、沖縄そばでは珍しいですが、食感がそば全体のアクセントになっていて良かったです。

刻み生姜も大好き。

 

 

 

前回、ソーキそばを食べた時はオーソドックスな上品な沖縄そばという印象でしたが、今回の三枚肉そばは、新しい試みが入っていて感じるものがありました。

 

見せ方や、具材、味付けなど工夫がある、洗練された沖縄そばだと思います。

 

 

 

f:id:sanpei808:20210122182844j:plain

別に注文した、てびちの唐揚げ。

カラッと揚げられていますが、中にはてびちのジューシーさがしっかり。

 

食感がとても良い、てびちです。

衣の味付けも良くて、めちゃくちゃお薦め。

小ぶりなので、女性が沖縄そばに追加しても食べられるサイズです。

サイドメニューに是非。

 

 

f:id:sanpei808:20210122183013j:plain

じゅーしーも、まーさん。

[http://:title]