さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

やまぐすく

f:id:sanpei808:20210131063711j:plain


快晴の土曜日。

那覇市首里石嶺町にある沖縄そば屋『やまぐすく』を訪問しました。


「ぐすく」は、沖縄の「城」の読みで。

例えば、「名護城」「なんぐすく」となります。

なので、「山城」「やまぐすく」ですね。




『やまぐすく』そばは、那覇市首里の、沖縄県総合福祉センター近くにあります。

近隣には、以前から福祉施設がたくさんあり、商業地というよりも、学校や住宅がならぶ地域です。


まさに、町の沖縄そば屋さんといった雰囲気で、地域密着型のお店です。




店舗前には、駐車場もあるので、遠方からの食べ歩きでも安心ですよ。


店内は、アットホームで親しみやすい感じ。

カウンター7席に、テーブル10席、座敷も12席あります。




メニューは、基本の三枚肉そばを中心に、ソーキそば、野菜そば、ゆし豆腐そば、てびちそば、中味そばと沖縄そば屋の定番が並びます。


ちなみに、三枚肉そば(小)530円、(大)580円。(税込)。

昔は、沖縄そば一杯500円という時代があったようですが、530円から食べられるのは最近では珍しいです。



f:id:sanpei808:20210131063825j:plain

今回は、三枚肉そば(大)をいただきました。


澄んだスープが美味しそうな沖縄そば


沖縄の人が、沖縄そばといって、まず思い浮かべるような定番の味。

豚骨と鰹がベースの出汁で、旨味は十分でいて、後味はスッキリしています。


麺は、人気のあるストレートの細麺。

亀濱製麺だと思われ。

啜り心地がたまらない、私も大好きな麺です。


あっさりとしたスープに良くあっていました。


三枚肉は、味付けも控えめでほどよく。

ネギが、たくさん乗っているのも嬉しかったです。良いアクセントになっていて、やっぱりネギは薬味として優秀です。



f:id:sanpei808:20210131063915j:plain

過剰さはなくて、安定して食べられる、飽きがこない沖縄そば

毎日のお昼に食べるなら、こんな沖縄そばが良いなあ。


次回は、有名なてびちも食べてみたいです。