さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

玉家 前田店 2

 

f:id:sanpei808:20210220134942j:plain

 

食べ歩きを標榜したブログを書いておいて、なんなんですが。

沖縄そばって、どこどこの店を今度の週末予約して訪問しよう、とフランス料理や割烹などのように力が入ったものではなく。

 

「今日のお昼何にする?」

沖縄そばでも食べようか」

 

と、ふらっと気軽に食べられる大衆食なんですよね。

 

 

 

だから、日常の中で利用しやすくて、満足できるお店はすごく良いなあと思います。

 

『玉家 前田店』もそんな沖縄そば屋です。

 

『玉家』は、南城市大里の本店が発祥で、現在は、豊崎店、名護店、南風原店などでも食べる事ができます。

 

〈『玉家 本店』の過去記事はこちら〉

okinawasoba.hatenablog.com

 

 

『玉家 前田店』の場所は、浦添警察署近く、モノレール前田駅からもすぐの場所です。

駐車場も店舗近くにありますよ。

 

メニューは、三枚肉そば、ソーキそば、てびちそば、トーフそばなどがあり、定番のいなりや、じゅーしーもあります。

今回は、てびちそば大700円を注文しました。(小は600円)。

 

スピード感のある提供も『玉家』の魅力。

着席して、程なく出てきた沖縄そばは熱々で、鰹出汁の香りが漂ってきます。

 

 

 

f:id:sanpei808:20210220152820j:plain

沖縄そばは、ノーマル。

てびちは、別皿で。

 

 

f:id:sanpei808:20210220152846j:plain

沖縄そばは、鰹出汁が出汁をベースにしたスープで、まず麺とスープの素でも旨い。

スープの美味しさだけで、どんどん食べ進めてしまいます。

 

あっさりという表現がぴったりの、飲みやすいスープですが出汁の旨さが奥からじんわり伝わってくる優しい味です。

 

細麺のストレート、そして沖縄そばで最長じゃないかと思う長い麺。

亀浜製麺の美味しさは、やっぱり『玉家』の沖縄そばにベストマッチしてます。

 

 

 

f:id:sanpei808:20210220152923j:plain

そして、メインのてびち。

煮込み方が絶妙なてびちは、ぷるぷるのとろとろです。

この極上の食感がてびちの美味しさ。

『玉家』のてびちは、味付け控えめで、沖縄そばと合わせても最高でした。

 

 

 

あらためて、『玉家』の沖縄そばって、スタンダードな美味しさが素晴らしいと思います。

派手じゃないけど、必ず次も食べたいと思わせる沖縄そば

そして、価格も手頃で財布にも優しい。

 

f:id:sanpei808:20210220152954j:plain

フーチバーが常備など、きめ細かいサービスがあったり。

 

f:id:sanpei808:20210220153018j:plain

じゅーしーも美味しかったり。

 

やっぱり、こんなお店が、普段からふらっと入りたくなる沖縄そば屋なんだと思います。

 

近所にほしい店ナンバーワン『玉家』。

[http://:title]