さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

元祖 大東そば

 f:id:sanpei808:20210324183540j:plain

 

南大東島

沖縄本島から、東へ400km。人口約1400名程の小さな島です。

 

地理的にも特別な島ですが、1900年に八丈島からの移民により有人島となるなど、沖縄県の離島の中でも特に変わった歴史を持つ地域です。

 

www.minamidaito-okinawa.com

 

 

そんな南大東島のそばが食べられるのが、那覇市牧志のニューパラダイス通りにある『元祖大東そば』。

 

沖縄そばじょーぐー(沖縄そば好き)を自称していながら、実は私も初めての訪問でした。

 



場所は、那覇市の「国際通り」から、一本通りを中へ入っていった所。

ドンキからも、すぐ近くです。

 

店はコンパクトな作りで、厨房前のカウンター席と、テーブル席と、座敷があり。

有名店のため、あっという間に満席になってしまいます。

 


f:id:sanpei808:20210324183638j:plain

メニューは、基本となる三枚肉の入った「大東そば」のほか、ソーキそば、肉そば、たまごそばなどがあります。

 

今回は、大東そばと大東寿司のセットを(大)でいただきました。1100円です。

 


f:id:sanpei808:20210324183712j:plain

出てきた時に、まず驚くのが一般的な沖縄そばとの違い。

極太の麺に、極厚の三枚肉、まずはルックスでやられました。

 



特徴的なのが、この極太の麺。

私が食べてきた中でも、最大級だと思います。

 

手打ちの生麺で、南大東島の海水を用いて作られているという麺。

以前は、南大東島から空輸していた時代もあったそう。

 

コシがありながら、固いわけではなくむしろ、もっちりとした食感が美味しい麺。

見た目の凶暴さに比べて、すごく優しい印象を受けました。

 

スープは豚骨をベースに魚介系の出汁も合わさったもの。

旨味はしっかりありながら、濃厚というよりもサラッとしたスープ。

麺との相性はもちろん抜群です。

 


f:id:sanpei808:20210324183828j:plain

さらにインパクトがあったのが、この三枚肉。

厚みがあって、食べ応え十分な豚肉。

味付けは濃すぎず、丁寧なスープをじゃますることない良い塩梅でした。

 


f:id:sanpei808:20210324183853j:plain

セットでいただいたのが、「大東寿司」。

大東島の郷土料理で、カジキの漬けのお寿司。

しっかりと甘辛く味付けされていて、これもまた個性的な味わい。

 

ちなみに、「大東そば」のスープと合わせて食べると、また美味さ倍増です。

 




f:id:sanpei808:20210324183937j:plain

沖縄県民でも、なかなか行く機会が少ない南大東島

地理的にも、歴史的にも、特別な島で、自然や文化が凄く魅力的な島でもあります。

 

私も一度だけ訪れたことがありますが、不思議な魅力を持った島でした。

 



『大東そば』では、沖縄本島にいながら、南大東島の魅力の一端を感じることができます。

沖縄県民も、観光でいらっしゃった方も、是非、一度「大東そば」を食べてほしいな。

 

この店でしか食べることができない、唯一無二の沖縄そばです。是非。