さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

はなきなぁ~

f:id:sanpei808:20210407095048j:plain


観光やデート、家族でのランチ、友人との会食、ひとり食べ歩きなどなど、沖縄そば屋の利用目的は様々だと思います。

早くて、リーズナブルで、美味しいが沖縄そばの魅力ですが、もちろんお店の雰囲気を楽しむのも大切な要素。
歴史的な古民家や、カフェのような素敵なインテリアのお店、一風変わった名物があるお店など、食べ物以外を満喫できるのも沖縄そば屋の良いところです。

今回は、沖縄そば屋の中でも、特に眺望が素晴らしい店を訪問しました。



宜野湾市喜友名にある沖縄そば専門店『はなきやぁ~』です。

58号線から普天間神宮向け、81号線の通り沿い左手のビルの1階にあります。
複合施設のため、駐車場も多めにあるのはありがたい。

f:id:sanpei808:20210407095222j:plain

店に入って印象的なのは、やっぱり見晴らしの素晴らしさ。
高台にあるため、西海岸まで広く見渡せます。

f:id:sanpei808:20210407095323j:plain

店内は、全面に大きな窓が配置されていて、どの席からも良い眺めが楽しめます。
特に窓側のカウンター席は、特等席かも。
この日も、デートを楽しんでいる方がいらっしゃいました。
沖縄そば屋のこうした使い方も良いですね。



f:id:sanpei808:20210407095408j:plain沖縄そばは、基本の沖縄そばから、1番人気のあぶりとろソーキそば、三枚肉そば、野菜そばなどがあり、変わったところで、四川風旨辛味噌そばや、黒酢とろソーキそばなんてメニューもあります。

今回は初めての訪問ということもあって、オーソドックなとろソーキそば700円をいただきました。
これだけ景色が良いと待っている時間も楽しいですね。


f:id:sanpei808:20210407095455j:plain運ばれてきた沖縄そばがこちら。
とことろの軟骨ソーキが美味しそう。


スープは、豚と鰹出汁を合わせたもの。
豚の旨味をベースに感じましたが、すっきりとした後味ですごく丁寧に作られているのが分かります。
味付けもちょうど良い塩梅で、出汁の美味しさを素直に伝わってくるスープでした。

製麺所特注のオリジナルという麺。
中太で少し縮れが入った平打ちの麺です。
麺自体の美味しさが感じられる麺で、食感も良く、すっきりとしたスープとの相性も良かったです。

軟骨ソーキは、見た目通り柔らかく煮込んでおり、味も染みていて美味。
柔らか軟骨ソーキ好きにはたまらないですね。
もう、いくらでも食べたくなるようなお肉です。



素敵な景色を見ながら、優雅なランチタイムになりました。
解放感のある空間でいただく沖縄そばは、やっぱり美味しい。

デートや友人との会食に、ドライブの途中で寄るのも良いんじゃないでしょうか。
ロケーションが最高な沖縄そば屋です。