さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

やちむん食堂

f:id:sanpei808:20210415093633j:plain住みたい町ってどんな町でしょう?

人によって様々だと思いますが、商業地で便利な方が良いとか、自然が豊かで落ち着いた町が良いとか。
職場との距離もありますが、引っ越しを検討する際に、自分のフィーリングに合うかどうか、そんな感覚ってありますよね。

個人的に住みたい町を考える時。
あまり騒がしすぎない点や、買い物に不自由しない点をまず考えるけど・・・。

あったら嬉しいのが、美味しい食堂。

とびきり美味しいわけじゃないけど、リーズナブルで、普段使いできて。
食事に悩んだ時、ふらっと入ることのできる気軽なお店。

そんな食堂が近くにあったら良いなぁ。



今回は、八重瀬町伊覇にある『やちむん食堂』を訪問しました。

国道507号線が通るこの地域は、沖縄本島南部の中でも最近特に開発が進んだ地域です。
道路が整備されたことにより、新興の商業施設が出来、新しい町ができたような雰囲気。

そんな新興地域にあるのが『やちむん食堂』。
新しい町にもこうやって沖縄食堂が根付いているのが嬉しいです。



「やちむん」とは、沖縄の方言で「焼き物」のこと。
沖縄の伝統的な焼き物、陶器を指します。

ボテッとした厚みのある作りで、デザインも含めて素朴な味わいが魅力です。
沖縄では、家庭や沖縄そば専門店の多くでも、地元で作られた「やちむん」が使われていますよ。

www.okinawastory.jp



『やちむん食堂』は、国道507号線近く、八重瀬町伊覇の中心市街地にあります。
駐車場も店舗横と、第2駐車場まであるので安心。

一見小ぢんまりした外観ですが、奥行きがあり、カウンター席、テーブル席に座敷席まであります。



魅力は何と言っても、豊富なメニューとボリューム、リーズナブルな価格設定。
「やちむん」の名を冠した沖縄食堂に偽りなしです。

沖縄そばはもちろん、ちゃんぷるーやクーブイリチー、中味汁など沖縄料理が揃っていますし、とんかつ、かつ丼、生姜焼きなどガッツリ系にも対応、タコライスやカレーも食べることができる、まさに沖縄の食堂。

今回は、店の人気NO.1という「沖縄そばセット」820円をいただきました。


f:id:sanpei808:20210415091517j:plain沖縄そばセット」がこちら。
沖縄そばに、チキンから揚げ、サラダ、ライス、さらに刺身まで加わったお得すぎるセットメニュー。
圧巻です。

f:id:sanpei808:20210415091619j:plain三枚肉に、かまぼこが乗った沖縄そば

スープは、しっかりとした豚の出汁に、魚介系の出汁を合わせたもの。
魚介系の風味を強く感じました。
力強いスープで、セットだと印象が薄くなりがちな沖縄そばですが、チキンから揚げにも負けない存在感があります。

印象的だったのが沖縄そばの麺。
平打ちでかなり薄めの中細麺。
薄さと対照的に、かなり固めで歯ごたえがあって、個人的にすごく好みでした。

少し縮れが入っていて、啜った食感も良い。
スープとも良く合っていて、美味しい麺です。



f:id:sanpei808:20210415091720j:plain大ぶりのチキンから揚げが3個、プラス他の揚げ物。
かなり食べ応えのあるセットメニュー。
チキンは揚げたてで、衣も暑すぎず、旨し。

何気にもずくの天ぷらが付いているのも嬉しい。

f:id:sanpei808:20210415092750j:plain
なんと、刺身まで付いてくる。
サービス精神が凄い。

f:id:sanpei808:20210415092722j:plain
もちろん、ライスは大盛で。



最初に沖縄そばをいただき、後半は沖縄そばのスープと一緒に、ライス、から揚げ、刺身をいただきました。
昼から、こんなに贅沢していいのかという内容。

『やちむん食堂』、リーズナブルなのは間違いないですが。
印象的だったのは、お店の行き届いたサービス精神。

ライスは足りなければ、無料で追加が可能だったり。
ライス用に、ふりかけが置いてあったり。(個人的には凄く嬉しい!)

量や価格だけじゃなく、細かい点に気が利いています。
これも、お店のサービス精神なんでしょうね。



気が利いていて、普段使いできて、ふらっと入れる気軽さもある。
こんな食堂が近くにあったら嬉しい、と思うようなお店でした。

家の近くにほしい。