さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

いーばる家

f:id:sanpei808:20210420083859j:plain



沖縄そばと一口に言っても、種類は様々。

沖縄そば専門店や食堂に行った方は分かると思いますが、ノーマルな沖縄そばに加えて、ソーキそば、野菜そば、ゆし豆腐そば、肉そばなどなど。
複数のメニューが初心者を悩ませます。

f:id:sanpei808:20210420082251j:plain(沖縄食堂の例。そばだけでも複数種類があるのが定番です)



基本的には、「〇〇そば」の「〇〇」は、大きく分かれて3つを指しています。

(1)具材
トッピングの具材を指しており、ノーマルな沖縄そばに何を乗せるかで名称が変わってきます。
例えば、ソーキが乗ったら「そーきそば」、野菜ちゃんぷるーが乗ったら「野菜そば」、ゆし豆腐が乗ったら「ゆし豆腐そば」。

写真は、『高江洲そば』のゆし豆腐そばです。
沖縄そばにゆし豆腐が乗っていますよね。

f:id:sanpei808:20210420080617j:plain



(2)ベースの汁
基本の沖縄そばに具材を変化させたのが(1)なら、(2)はベースの汁そのものが変化したものです。
沖縄そばは、基本的には鰹節や豚骨で出汁を取りスープを作るのですが。
牛汁や、山羊汁など別の汁物と沖縄そばの麺を合わせた料理が存在します。

これは「牛汁そば」「山羊そば」などと呼ばれ、変わったところでは「カレーそば」なんてのも。

写真は、『まんぷく食堂』の牛汁そばです。
牛汁に沖縄そばの麺を掛け合わせたものです。

f:id:sanpei808:20210420081425j:plain



(3)地域
最後は、それぞれ特徴のある沖縄そばを作っている地域名を指す場合があります。
例えば、宮古地方のそばなら「宮古そば」、八重山地方のそばなら「八重山そば」といった感じ。

メジャーなのは、やっぱり「宮古そば」と「八重山そば」で。
宮古そばなら、細麺のストレートで、以前は具材を麺の下に入れていたとか。
八重山そばなら、丸麺でやや柔らかめのストレートで、具材に細切りの肉が乗るとか・・・。
ざっくりとした特徴があります。

写真は『田舎』の宮古そば。
具材が麺の下に隠れているのが分かるでしょうか。この下にゴロゴロと豚肉が入ってるんです。

f:id:sanpei808:20210420082043j:plain




前置きが長くなってしまいましたが。
今回紹介したいのは、種類の中でも(1)具材が変わった沖縄そばです。

それは「中味(なかみ)」を用いた沖縄そば

「中味そば」と言うと、本土では馴染みがない方もいるかと思いますが。
「中身」「中味」とも表記される、いわゆる豚のモツ、ホルモンです。

 

沖縄では、豚の料理が人気で、ラフテーや、ソーキはもちろん、てびち(豚足)、ちらがー(顔)まで、食べちゃいますが、「中味汁」は、昔は特別な日に食べられる料理で、正月や祝いの場で欠かせない家庭料理になっています。

 

 

 訪れたのは糸満市照屋にある『いーばる家』です。
創業から20年を超え、沖縄そばの他、汁物でも有名なお店です。
私も沖縄のローカル番組「アゲアゲめし」で紹介されているのを観て、たまらなくなって訪問しました。

www.youtube.com



店は、沖縄の旧家屋風の作りで雰囲気も抜群。
天井が高く、大きな窓が四方にあり、開放感があります。
店舗前に広めに駐車場があるので、駐車の心配もなくありがたい。

テーブル席と、座敷席があります。


f:id:sanpei808:20210420083357j:plainメニューは沖縄そばを中心に、チャンプルー、みそ汁、カレーまで押さえているので、家族連れでも利用しやすいですね。

セットメニューがあるのも嬉しいです。

f:id:sanpei808:20210420083825j:plain注文したのは、目当てのこちら「中身そば」700円です。
(店の表記どおり、ここでは「中身」とします)


「中身」が乗ったそばだから、「中身そば」ですね。
沖縄の「〇〇そば」の中でも、初心者はなかなか食べる機会が少ないと思うのですが、スルーしてしまうのは余りに勿体ない一品なんです。


f:id:sanpei808:20210420084513j:plain「アゲアゲめし」で観た時から、間違いないと思っていた「中身」。
出てきた瞬間に確信に変わりました。
この美しいモツ。
間違いないやつだ。


下処理がきちんとされているので、全く臭みがない「中身」。
この独特の食感も最高です。
味付けは控えめに、中味の美味しさが存分に味わえる一杯になっています。
これまで食べてきた「中身」の中でも『いーばる家』の「中身」は最高峰。


f:id:sanpei808:20210420084840j:plainベースとなっている沖縄そばは、豚をベースにしていますが、驚くほど上品な仕上がり。
豚ベースと思えないないほど、すっきりしていて、でも旨味は十分あって。
味付けはシンプルに塩のみと、素材を本当に活かした沖縄そばです。
本当に最後まで美味しくいただけるスープ。

麺は、中太の平打ち麺で、縮れが入った食感の良い麺です。
麺の固さも程よく、好みでした。



「中身」と言うと、沖縄県民のご馳走の一つですが、まだまだ本土では知られていないと思います。
この「中身そば」の美味しさは、本当に食べてみないと分からない、例えるのが難しい一品です。
独特の食感に、凝縮された旨味、滋味のあるスープ。

『いーばる家』の「中身」は丁寧に仕事されているので、初心者でも食べやすく、お薦め。
次の沖縄旅行では、是非「中身そば」にチャレンジしてみてください。