さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

めしなる木

f:id:sanpei808:20211001060002j:plain浦添市伊祖にまた新店です。

当ブログを見ていただけると分かると思うのですが、この1年間の大変な時期にあっても、沖縄そばを提供する新しい店がどんどん出てきてるんですよね。
沖縄県内の、沖縄そばに対する人気の強さ、沖縄そばが文化として根付いてるんだなということを、強く感じます。



私が、沖縄そばに関していつも参考にさせていただいているブログが複数ありまして。

「続・狂犬使いのダラダラ」もその一つです。

cgtakashi.blog.fc2.com

沖縄そばをはじめとして食べ歩いている量がとにかく凄くて、そして新店の情報が早い。
いつも感心しています。

今回のお店も「続・狂犬使いのダラダラ」で知りました。



場所は、浦添市浦添商業高校が近くにある「学園通り」沿い。
「学園通り」沿いのファミリーマートの向かいにお店があります。
店舗前には駐車場がありますよ。

 

f:id:sanpei808:20211001060815j:plain店は少し変わっていて。

外観や内装は、お洒落な洋風なのに対して、沖縄の郷土料理「肉骨汁屋」をメインとしているです。

「骨汁」は、沖縄県内中部が発祥で、熱烈なファンが多い料理です。
「骨汁」を食べ歩きしている方も多く、限定〇食としている店が多いため、開店時から並ぶ姿も見かけます。
これもまた沖縄のディープな食文化ですね。




f:id:sanpei808:20211001061224j:plain

f:id:sanpei808:20211001061756j:plainメニューを見ていただくと分かる通り、料理は沖縄の郷土料理「てびち汁」「中味汁」「ゆし豆腐」「中味イリチャー」もあれば「カレーライス」や「トマトスープ」もあるという珍しい構成。

新聞記事によれば店の方は、ホテル、食堂、居酒屋など様々な形態の飲食業に関わってきたそうで、それが料理の幅にも現れているんですね。

もずくや玉子、豚肉など県産食材にもこだわっていて、沖縄の伝統的な料理を扱いながら、新しいタイプのお店です。



f:id:sanpei808:20211001062305j:plain今回のお目当てはもちろんこれ。沖縄そばです。

『めしなる木』では、「もずく麺とキビまる豚のそば」という形で沖縄そばを提供しています。
今回は(中)800円に、ジューシーをセット200円でいただきました。


f:id:sanpei808:20211001062656j:plain気になることが色々なのですが。

まず、沖縄そばはソーキと別皿で提供されます。
沖縄そばをプレーンで楽しんでほしいという配慮ですよね。
ありがたい。


f:id:sanpei808:20211001063228j:plain

まず特徴的なのが、「もずく麺」という、もずくを練り込んだ麺。

通常の沖縄そば麺と少し色が異なります。
味自体はそれほど変わりませんが、独特の食感と風味があって面白い。

また、もずく自体が沖縄そばに乗っていて、こちらは風味にすごくインパクトがあります。



麺は、細めの縮れが強く入った生麺でかなりコシがあって美味しい。
食感も、噛み応えも良くて、この麺ずっと食べていたいと思いました。


スープは鰹節を中心に、和風なイメージで、出汁の旨みを感じられる優しいスープ。
具材のもずくが、アクセントになっていて、お店オリジナルな味になっています。


f:id:sanpei808:20211001063620j:plain
そして、こちらも特徴的なソーキ。

私も初めて知ったのですが「キビまる豚」という沖縄県産のブランド豚があり、すごく希少なお肉なんだそう。

www.furusato-tax.jp


味つけは、沖縄で一般的に食べられているような甘辛く煮込んだソーキとは異なり、洋風なソースで仕上げています。
まるでコース料理に出てきそうな一品ですね。

お肉は箸ですぐほぐれるほど、ホロホロで柔らかい。

豚特有の臭みが全然なく、油がすっきりしている印象でした。
例えるなら、すごく上品な豚肉といった感じでしょうか。

f:id:sanpei808:20211001063905j:plainセットで頼んだじゅーしー。

八重山そばでよく用いられる香辛料の「ピパーチ」が使われているのが印象的でした。
独特の風味があって面白いですね。

まーさん。


f:id:sanpei808:20211001064514j:plainデザートに紅イモも付いてきます。
彩が綺麗ですね。


f:id:sanpei808:20211001064702j:plain県産の食材をふんだんに使った「もずく麺とキビまる豚のそば」。

食材選びから、もずくを練り込んだ麺、もずくを乗せたアレンジまで、すごく意欲的な沖縄そばだなと思います。
お店に行ったら、すぐに人に話したくなるような個性的な沖縄そば

是非、訪問してみてください。



浦添市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]