さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

【第11回スタンプラリー】下地そば 2

f:id:sanpei808:20211002080610j:plain

沖縄そばスタンプラリー』の紹介は、以前の記事から↓

okinawasoba.hatenablog.com


沖縄県民の恒例行事『沖縄そばスタンプラリー』が今年もはじまりました。

沖縄そば関連の企画では、最大のイベント。
沖縄そばじょーぐー(沖縄そば好き)として、私も毎回楽しみにしています。

今回で11回を迎える、沖縄そば発展継承の会が主催する催しで、対象の店を巡りスタンプをもらっていくというもの。
スタンプを集める事で、「沖縄そばじょーぐー」の認定証などがもらえ、ほか特典が多数あります。

全22店舗を、10月から、翌年2月までに回るこの催し。
当ブログでも、各地域の雰囲気を楽しみながら、マイペースで食べ歩きをしたいと思います。

レッツゴー!




f:id:sanpei808:20211002081053j:plain
初回の訪問に選んだのは、那覇市真地にある『下地そば』。

沖縄の有名な史跡『識名園』のほぼ向かいにある沖縄そば専門店です。

店では、さっそく「第11回沖縄そばスタンプラリー」の告知がされていましたよ。

初めての店舗なので、まずはスタンプの台紙となる冊子をいただいて、スタートします。



f:id:sanpei808:20211002081650j:plain
『下地そば』と言えば、独特な生麺が印象的な沖縄そば屋。

メニューは、基本の三昧肉そばのほか、ソーキそばや、ゆし豆腐そばなどがあり、変わったところで「唐人そば」なども提供しています。

注文を、ボードにマグネットを貼り付ける形で行うのも面白いですね。



f:id:sanpei808:20211002082242j:plain今回いただいたのは「トマトチーズそば」750円。

変わり種として、あまりに個性的な沖縄そば

ラーメンでは、ベジポタ系や、トマトスープを用いたものを何度か食べたことがありますが。
沖縄そばでトマトを合わせたものは初めてになります。

果たして、トマトと沖縄そばは合うのか。


f:id:sanpei808:20211002082736j:plain
まず、トマトの赤と、チーズの白、ルックスにインパクトがあります。

この光景は初体験だなあ。

特にとろけたチーズが印象的ですね。



トマトは一緒に煮込まれたいわゆる「トマトスープ」のような形ではなく、動物系の出汁が効いた沖縄そばのスープに、トマトのソースと果肉を合わせたような感じです。

なので、最初は沖縄そばのスープもしっかり感じられる。
徐々にトマトと合わせていくと、酸味が増していき、スープの変化も楽しめます。

事前に考えていたほど、違和感はないと言うか、通常の沖縄そばとも、洋食のトマトスープとも違う、折衷の新しい美味しさがありました。



麺は、細めの縮れが入った生麺。

麺自体に美味しさがあるので、トマトやチーズと合わせた時も、麺の美味しさは際立っています。

特に溶けたチーズと、沖縄そばの麺を合わせて食べる体験は新鮮でした。

 

 

f:id:sanpei808:20211002083205j:plain『下地そば』の「トマトチーズそば」。

脳内から一回「沖縄そば」の観念を外して、シンプルに新しい麺料理として食べたら良いのかなと思いました。

トマトラーメンやパスタとも違う、これはやっぱり食べた事がない料理になっています。

是非、ご賞味あれ。



ちなみに、前回食べたソーキそばの記事はこちら↓

okinawasoba.hatenablog.com

 

 

f:id:sanpei808:20211002083323j:plain「第11回 沖縄そばスタンプラリー」、初日で1個目のスタンプゲット!
幸先良いですね。

お店の方に、「今日からはじまりますよ~。たくさん回ってくださいね~」と声をかけていただきました。
こんなちょっとした触れ合いがあるのもスタンプラリーの魅力かも。

がんばります。



【第11回スタンプラリー 一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]