さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

【第11回スタンプラリー】なかざ家 2

f:id:sanpei808:20211003082605j:plain沖縄そばスタンプラリー』の紹介は、以前の記事から↓

okinawasoba.hatenablog.com



沖縄県民の恒例行事『沖縄そばスタンプラリー』が今年もはじまりました。

沖縄そば関連の企画では、最大のイベント。
沖縄そばじょーぐー(沖縄そば好き)として、私も毎回楽しみにしています。

今回で11回を迎える、沖縄そば発展継承の会が主催する催しで、対象の店を巡りスタンプをもらっていくというもの。
スタンプを集める事で、「沖縄そばじょーぐー」の認定証などがもらえ、ほか特典が多数あります。

全22店舗を、10月から、翌年2月までに回るこの催し。
当ブログでも、各地域の雰囲気を楽しみながら、マイペースで食べ歩きをしたいと思います。

レッツゴー!




2店舗目の訪問に選んだのは、那覇市金城にある『なかざ家』。

那覇西高校の通り沿い、消防署の斜め向かいにある沖縄そば専門店です。

前回訪問時には、年月にオープンした比較的新しいお店ですが、その実力は確か。
最近では珍しい、豚骨をベースにした本格的なスープがいただけます。

自分も大好きなスープの沖縄そば屋。

www.nakazaya.co.jp




f:id:sanpei808:20211003083241j:plainメニューは、お薦めのソーキそばの他、何も乗せない「素そば」や、野菜そば、ゆしそばなどがあります。


f:id:sanpei808:20211003083630j:plainサイドメニューも充実していて、期間限定で、ちゃんぽんや麻婆豆腐の丼も提供しています。
沖縄そばにプラスする一品としてこれは嬉しい。


f:id:sanpei808:20211003084147j:plain今回はお店の名前を冠した「なかざ家そば」(中)792円をいただきました。

どんな沖縄そばが出てくるのか楽しみにしていたら、細切れの豚肉に、ネギが乗ったそばが。

ほのかに「ピパーチ」の香り、そして特徴的な丸い中麺、ああこれは「八重山そば」か。
初回は気づかなかったのですが、「八重山そば」の特徴を持ったそばになっています。
こんな形で出会えるとは。



『なかざ家』最大のポイントは、この綺麗に白濁したスープ。

豚骨の美味しさが凝縮されたようなスープで、良い意味での野性味と、味の洗練がちょうど良いバランスで成立してるんです。

豚のスープはやっぱり、ワイルドさがないと美味しくないし、かといって雑味があるものちょっと。
そんな中で、本当に飲み応えのあるスープになっていると思います。



麺は中太で、丸い特徴的な麺。

もちっと感もあり、麺自体がすごく美味しく、豚骨のスープとも良く合っています。

オリジナルの麺とのことで、他でなかなか食べられない麺ですね。

 

 

 

f:id:sanpei808:20211003084622j:plain
豚肉は細切りになっていて、ほのかの「ピパーチ」の香りが。

その香りが、沖縄そばと相まって、新しい美味しさを引き出しています。
ややもすればくどくなりがちな豚骨スープに、「ピパーチ」の爽やかさが良く合うんです。
これを考え出した方は凄い。

豚肉は味付けも程よく、豚、麺とのバランスも抜群でした。



f:id:sanpei808:20211003084946j:plain
じゅーしーも、味がよく染みて、まーさん。


f:id:sanpei808:20211003085428j:plain
『なかざ家』の「なかざ家そば」。

豚骨のスープを活かして、具材にも工夫のある、最高な一杯でした。
さすが看板メニューですね。

ソーキももちろん美味しいのですが、初めての方には、店の特徴が分かるこのそばを是非食べてほしいなと思いました。



<前回食べたソーキそばの記事はこちら>

okinawasoba.hatenablog.com



f:id:sanpei808:20211003090312j:plain

「第11回 沖縄そばスタンプラリー」、2日目で、2個目のスタンプゲット!
ロケットスタートの成功です。




【第11回スタンプラリー 一覧】

okinawasoba.hatenablog.com