さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

首里ほりかわ 2

f:id:sanpei808:20211106074400j:plainども、さんぺいです。

久しぶりに首里の名店を訪問しました。
首里城入口近くの住宅街に佇む沖縄そば専門店『首里ほりかわ』です。

美味しい沖縄そばについて語るとき、ついつい饒舌になってしまいますが。
『ほりかわ』もそんなお店の一つです。

今回は、前回食べられなかった、豆腐を具材とした沖縄そばをいただきました。



<前回の訪問記事はこちら>

okinawasoba.hatenablog.com




f:id:sanpei808:20211106082358j:plain龍潭池(りゅうたんいけ)前の通りから、首里城入口へ入っていくと左手にのぼりがあるので目印にしてください。

駐車は、近隣のコインパーク利用になります。




f:id:sanpei808:20211106082951j:plain首里の昔ながらの小路を抜けていくと、お店が。



f:id:sanpei808:20211106092117j:plainお店はインテリアが本当に素敵で。

小物一つ一つが可愛くて。
提供される焼き物などにもこだわっていて、味わいがあります。

とても落ち着く空間。



メニューは、沖縄そばは、ネギのみを乗せた素そばのほか、ソーキそば、とうふそばがあり。
それぞれ具材は別皿で提供される方式で、店のこだわりが伝わります。

サイドメニューには、じゅーしー、じーまみ豆腐、自家製豆腐、もずくのかき揚げなどがあり、沖縄そばとのセットメニューがお得です。



f:id:sanpei808:20211106093353j:plain今回は、初めての自家製豆腐を用いた「とうふそば」をいただきました。

わたくし、そばじょーぐー(沖縄そば好き)ですが、豆腐じょーぐーでもあるんですよね。
鮮度が美味しさに出る豆腐は、沖縄そばの具材の中でも、良し悪しがはっきりと出やすい具材だと思います。

首里ほりかわ』では、沖縄そばと豆腐が分かれて提供されます。



f:id:sanpei808:20211106093941j:plain自家製の麺がとても美味しい。

平打ちの中細麺で、滑らかで、コシがあります。

食感も素晴らしいのですが、風味の豊かさに驚きが。
これだけしっかりと、風味が伝わってくる麺、珍しいのでは。

麺そのものに、すごく力があります。

 

 

f:id:sanpei808:20211106094604j:plain自家製という豆腐。

やっぱり美味しい。
豆腐の美味さがストレートに感じられる。

豆腐じょーぐーには堪らない一杯です。



f:id:sanpei808:20211106095213j:plain薬味のネギと、味変用の味噌。

ノーマルのスープは沖縄そば仕様になっていますが、お好みで「味噌」を入れます。
すると、スープが「ゆし豆腐」のような味に。

2度違った味が楽しめるのも嬉しい。
私は、後半から「味噌」を投入し、味の違いを楽しみました。



f:id:sanpei808:20211106100320j:plainゆし豆腐は、はじめに沖縄そばに入れ、いただきます。

しっかりとした食感で、風味があり、沖縄そばのスープと一緒に食べると絶品。



スープは、滋味のある、円やかなスープ。

豚骨と鰹の出汁を用いたスープで、バランスが良く、とても豊かな味わいがあります。豚のしっかりとした出汁がありながら、雑味がなくてすっきりとしている。

身体に沁みてくるような、優しい味わいでした。



f:id:sanpei808:20211106101607j:plain単品でいただいたじゅーしー。
彩も豊か。



f:id:sanpei808:20211106105049j:plainもずくのかきあげも絶品。



ここ半年間、なかなか行けなかった沖縄そば屋が多かったのですが。
徐々に平常に戻りつつあり、沖縄そば好きとしては嬉しい限りです。

久しぶりの『首里ほりかわ』、豆腐からの沖縄そば、かきあげまで堪能しました。

最高な週末です。



那覇市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]