さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

【第11回スタンプラリー】花はな商店

f:id:sanpei808:20220108175030j:plain沖縄そばスタンプラリー』の紹介は、以前の記事から↓

okinawasoba.hatenablog.com



ども、さんぺいです。

昨年10月からはじまった『沖縄そばスタンプラリー』。
当ブログでも参戦を表明していましたが、なんてこったい、11月で訪問が止まっていました。

飽きっぽい自分の性格が災いして、他に目移りしていたせいですが。

1月からは巻き返していきたいと思います。

ちなみにスタンプラリーは、全22店舗を、10月から、翌年2月までに回る催し。
残り12店舗を2月までに回りきれるのか。
頑張っていきます。

レッツゴー!




11回の訪問に選んだのは、那覇市牧志にある『花はな商店』。

沖縄を代表するストリート、「国際通り」にあるお店です。



f:id:sanpei808:20220108175157j:plain場所は、沖縄の年配の方なら「山形屋」があった所。
若い方なら、ホテルJALシティと言えば分かりやすいでしょうか。

店は、ちょうどホテルの真裏に位置します。

都心の「国際通り」という立地で、駐車場が在るのは嬉しい。



f:id:sanpei808:20220108175228j:plainメニュー構成はこんな感じ。

基本となる、三枚肉そば、本ソーキそばに、両方が味わえるミックスそばがあります。
サイドメニューとして白いなりも人気なんだそう。



f:id:sanpei808:20220108175250j:plain

f:id:sanpei808:20220108175309j:plain
丁寧に、スープと麺の説明書きが。

拘りを持って沖縄そばを作られている様子が伝わってきます。



f:id:sanpei808:20220108175334j:plain今回は、三枚肉と本ソーキが両方味わえるミックスそば(並)850円をいただきました。

ちょっと面白かったのは、具材に、うずらの卵が2個入っていること。

最近ラーメン店、(特に二郎系)で人気のトッピングですが、自分の記憶では沖縄そば専門店でうずらを扱っているところは無いかも。

沖縄そばの具材もどんどん変化していきますね。



f:id:sanpei808:20220108175430j:plain特徴的だったのが、この麺。

魚粉を練り込んでいるとのことで、独特の風味があります。

そして、生麺の特性を活かし、コシがすごく強い。
しっかりとはね返してくるような弾力。

中細のやや捻りが入った麺で、のど越しもグッドでした。

ラーメンの麺も多く扱う製麺所さんのようですが、あまり他で食べられない個性的な麺です。



スープは、鰹節、昆布、豚で取った出汁とのこと。

スッキリとした印象で、パンチが在るというよりも、じっくり出汁の美味しさを感じるようなスープ。
旨みは十分で、特製の生麺との相性も良かったです。




f:id:sanpei808:20220108175406j:plain三枚肉も少し変わっていて、一般的な三枚肉のように醤油や砂糖で甘辛く煮込んだタイプではなく、低温調理で味付けも抑えめに仕上げています。

ラーメン屋さんのチャーシューに近い感じでしょうか。

そして、めちゃくちゃ柔らかく、お箸で簡単にほぐれるほど。

控えめに味付けすることで、繊細なスープや麺が際立つ構成になっていました。




f:id:sanpei808:20220108175457j:plain白いなりも、まーさん。



f:id:sanpei808:20220108175521j:plainサービスでいただいたデザート。



f:id:sanpei808:20220108175539j:plainシロップを垂らす工夫や、小瓶の容器も可愛い。

沖縄そばを食べた後の、お口直しとしても最適でした。

満足、満足。




f:id:sanpei808:20220108175608j:plain「第11回 沖縄そばスタンプラリー」、11個目のスタンプゲット!
12月は訪問できていなかったので、1月から再度がんばっていきたいと思います。

果たして全店制覇は叶うのか。




【第11回スタンプラリー 一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]