さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

とうやま食堂

f:id:sanpei808:20220109185436j:plainども、さんぺいです。

暗い気持ちになるので、この話題にあまり触れたくないのですが、全国ニュースでも取り上げられているとおり、今沖縄が大変な事になっています。

ようやく普段の生活を取り戻しつつあった年末から一転。
過去最大の感染者数が。



沖縄そば専門店の多くも、昨年は自粛を強いられ、今回またかとの思いのはず。
もう、踏んだり蹴ったりですが。



こんな時こそ、黙食マシーン(単身男性・食べ歩き好き・ややヒマ)な自分に出来ることを頑張っていきたいなと発奮しております。

食べ歩きと発信を続けていきますよ。
もちろん、感染対策に気を付けながら。



そんな訳で、今回は、浦添市伊祖にある『肉そば とうやま食堂』を張り切って訪問してきました。

2021年10月にオープンとのことで、まだ新しいお店。

場所は、浦添市伊祖のマックスバリュー近く。
浦城小学校の隣になります。

周囲は、住宅街になるので、ナビで確認した方が無難かもしれません。
店頭に駐車場もあります。



『とうやま食堂』の特徴は、何と言っても肉でしょう。

沖縄そば専門店でありながら、肉丼にも力を入れている、沖縄そば界の二刀流、大谷翔平のようなお店なんです。

f:id:sanpei808:20220109190521j:plain沖縄そばは、基本となる三枚肉そばにソーキそば。

さらに看板メニューの、三枚肉、チャーシュー、冬瓜が乗った「とうやまそば」があり。
全部乗せ的な「肉そば」があります。

肉推しなのが、そばメニューからも分かりますよね。



f:id:sanpei808:20220109190830j:plainもう一つの看板メニューが、「炭火焼肉丼」。

中落ちカルビ丼、柔らかサガリ丼などがあります。

肉がめちゃくちゃ有名なお店で、私以外のお客さんは、全員「炭火焼肉丼」を注文されていました。
どんだけ人気なんだ。



f:id:sanpei808:20220109191719j:plainちなみに、LINEの友だち追加で、100円引きのサービス。
もちろん追加しました。



f:id:sanpei808:20220109192108j:plain今回いただいたのは、三枚肉、本ソーキ、チャーシュー、冬瓜など全部乗せ的な「肉そば」の並、850円です(100円引きで700円)。



f:id:sanpei808:20220109192311j:plainルックスで印象的だったのは、やっぱり肉。

三枚肉、本ソーキは、沖縄そば専門店の中でも王道ですが、これだけ大ぶりな豚肉はあまり無いかも。
そして、何より美味しそうです。



スープをひと口飲んで、その円やかな美味しさに驚き。

豚、牛、鶏など動物系を中心に出汁を取っているとのことですが、しつこさは全然なく、品よくまとまっています。
コクが凄くあって、どっしりとした旨みがあります。

味つけは控えめで、最後まで美味しく完飲できます。



麺は、県産小麦を用いているとのこと。

中細の縮れが入った生麺で、特有のコシがあります。
風味が強くあって、麺自体もしっかり美味しい。



f:id:sanpei808:20220109193558j:plain味の方も、1番印象的だったのは、やっぱりお肉。

特に三枚肉と、本ソーキは絶品です。
味つけ、柔らかさ、厚み、これまで食べた豚肉の中でも最高峰。

沖縄そばの、三枚肉好き、本ソーキ好きには一度食べてみてほしい。



甘辛く肉付けていますが、味つけは控えめで、沖縄そばとのバランスも良く。

めちゃくちゃ厚みがあって、肉そのものの美味しさを味わうことができます。

 

f:id:sanpei808:20220109194207j:plain肉推しの店ということで、最初は、沖縄そばに一抹の不安を感じていたのですが。

全くの杞憂でした。

動物系の力強いスープですが、粗さはなく、すごく丁寧に作られた一杯。
繊細な美味しさがある沖縄そばです。

まだ新しいお店なので、県内の沖縄そば好きに、是非一度食べてみてほしいな。



f:id:sanpei808:20220109194704j:plainちなみに・・・

セットで頼んだ、「炭火焼肉丼」の中落ちカルビ丼。

もう間違いのない美味しさでした。
これは、肉好きが集まるの分かるわ。

「肉そば」を食べた後でも完食してしまう、満腹中枢を破壊する丼ものです。
危険すぎる。



 

浦添市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com