さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

【第11回スタンプラリー】縁どころ 吉嶺(ゆしんみ)

f:id:sanpei808:20220222160356j:plain沖縄そばスタンプラリー』の紹介は、以前の記事から↓

okinawasoba.hatenablog.com


ども、さんぺいです。

沖縄県民の恒例行事『沖縄そばスタンプラリー』。
2021年10月から2022年2月までに、県内の全22店舗を周るこの企画。

当ブログでも参加を表明し、食べ歩きを続けていますが、いよいよ佳境。
2月末までに全店舗を巡ることができるのか。

残りは4店舗です。



f:id:sanpei808:20220222162837j:plain19回目の訪問に選んだのは、北中城村仲順の『縁どころ 吉嶺(ゆしんみ)』。

沖縄で最も大きなショッピングモールの一つ、『ライカム』の近くにあるお店です。
沖縄自動車道の北中城インタ―からも近いので、アクセスは便利ですよ。

夜は居酒屋、ランチタイムは沖縄そばを提供されています。
すごく雰囲気の良い店で、メニューはどれも美味しそう、夜にお酒も飲んでみたいですね。



f:id:sanpei808:20220222162707j:plain
店は、沖縄本島の東側、北中城村の高台にあります。

大きな窓ガラスからの眺望が綺麗。
窓際の席は特等席ですね。

オープンカウンターになっていて、広めのカウンター席もあります。
清潔感があって、簡潔なインテリア、素敵な音楽と、お洒落なお店。

デートや、会食にも良いかも。




f:id:sanpei808:20220222163238j:plain『縁どころ 吉嶺』のランチメニュー表です。

シンプルに沖縄そばと、骨汁が中心。
刺身や小鉢を付けた「定食」も選ぶことができ、サイドメニューにはいなりもあります。

沖縄には、限定少数の「骨汁」を目当てにしている「骨汁マニア」がおり、この日も開店に合わせて「骨汁」を頼むお客さんが多数いました。
「骨汁」もまた、沖縄そばと同様にディープな世界なんです。



f:id:sanpei808:20220222163421j:plain私はもちろん、沖縄そば(ゆしんみそば)で。
並650円をいただきました。

初訪問だったので、どんなお店かな、と思って期待と不安があったのですが。

まず、丹精なルックスに驚き。
「ルックスの良い沖縄そばに外れなし」は私の持論ですが、『吉嶺』の沖縄そばは、ルックスから間違いなく美味しそう。



スープは鰹節主体で、鰹と豚の出汁。

スッキリとした後味が印象的で、雑味がなく、丁寧に作られているなと感じます。
厚みがある出汁で、旨味も十分。

ひと口ずつ、ゆっくりと味わいながらスープを飲みました。



麺は、細麺のストレートで、長めの麺。
人気のある啜り心地の良い麺で、これも間違いない美味しさ。

上品なスープとの相性も良かった。


 

f:id:sanpei808:20220222163618j:plain具材は、軟骨ソーキと、かまぼこですが。

印象的だったのが、かまぼこ。自家製なんだそう。
丸く作られていて、熱々のかまぼこは、汁を吸い、何とも言えない美味しさ。

沖縄そばのかまぼこは、近年どうしても脇役に見られがちですが。
『縁どころ 吉嶺』のかまぼこは、主役級の美味しさがありますよ。



f:id:sanpei808:20220222165059j:plain丁寧なつくりの沖縄そばで、かまぼこの工夫など、意欲的なお店の姿勢を感じます。

2021年3月からランチ営業を開始されたそうですが、今後も期待大ですね。
かまぼこの美味しさは、目から鱗なので、是非一度食べていただきたい一杯です。




f:id:sanpei808:20220222162505j:plain「第11回 沖縄そばスタンプラリー」、19個目のスタンプゲット!
スタンプラリーもいよいよ佳境です。

【第11回スタンプラリー 一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

 

[http://:title]