さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

やん小(やんぐゎー)

ども、さんぺいです。

今回は、久米島沖縄そばの紹介です。

沖縄そば食べ歩きの醍醐味の一つは、「未知の沖縄そばとの出会い」です。
人生の中で、沖縄そばを色々と食べてきましたが、未だに新しい発見や出会いがたくさんあるんですよね。

特に沖縄の離島地域は、文化や風土が沖縄本島と違い、沖縄そばも個性的なものが多いよう感じます。

久米島で出会った沖縄そばも、衝撃の一杯でした。




www.kanko-kumejima.com

久米島は、沖縄県の離島で、久米島町にあります。

那覇市から西に、距離でいうと約100kmほど。
船で約2時間50分ほど、飛行機だと35分ほどで行くことができます。

人口は、約7,000人で、沖縄の離島の中では、宮古島石垣島に次いで人口の多い島で、中規模の離島といえるかなと思います。



今回は、船での旅になりました。

那覇市泊港とまりん)から、久米島行きの船に乗り込みます。


船内は、清潔感があって、とても快適。
甲板で、海を眺めながら物思いにふけるのも良し、ゆったりとしたシートでうたた寝するのも良し。


渡名喜島を経由して、3時間過ぎで、久米島に到着しました。
やっぱり、伊江島粟国島伊是名島など他に離島と比べても一段と大きいですね。


今回、久米島で訪問したのは、島でも屈指の人気店『やん小(やんぐゎー)』です。

『やんぐゎー』は、店を経営されているお家の「屋号」なんだそう。
沖縄では、各家を「屋号」で呼ぶことがよくあります。

店は、久米島町仲泊にあり、船が付く「兼城港」からも近く島の中心地にあります。



鮮やかな赤瓦。

古い沖縄の家屋を用いたお店で、とても素敵な雰囲気です。
こんな家屋で食べる沖縄そばはきっと美味しいはず。


『やん小(やんぐゎー)』のメニューです。

基本の三枚肉そばに、もやしそば、島味噌もやしそば、ピリ辛味噌もやしそばの4種類。
シンプルな構成ですね。


今回は、特徴的なメニュー「島味噌もやしそば」をいただきました。

当ブログでも取り上げるのは初めての「味噌そば」。

沖縄そばのスープの色というと、澄んだものや、やや白いものをイメージされる方が多いと思います。
沖縄そばは、豚と鰹で出汁を取り、主に塩で味付けするのが一般的。
醤油を用いることもありますが、味噌は珍しいんです。

私の経験でも、「味噌そば」は石垣島で昔食べた『キミ食堂』や、『むかいや』ぐらい。

https://nagominiikou.ti-da.net/e11303786.html




ルックスはまず、山盛りのもやしが印象的。
もやしと、薄くスライスされた豚肉が炒められ、沖縄そばに乗っています。

熱々のスープを飲んでみると、事前に思っていたよりずっとマイルドな味わい。
「味噌」と聞くと、こってりとしたイメージを持ちますが、油はなくもっとサラッとしたスープ。

ベースとなっているスープは、鶏と豚骨、鰹と昆布で取っているそう。
味噌の旨みが加わって、本当に美味しいスープに仕上がっています。

くどい感じは全然なく、どんどん飲み進めてしまう。

特に、後半、もやし炒めのニンニクが味噌スープに合わさって、旨味の二重奏、三重奏というような美味しさがあって、「もう、堪らん」です。


麺は、自家製麺だそう。
久米島の有名な「海洋深層水」を用いているそうで、これもまた珍しいですね。

中太で、細かく縮れが入った麺は、スープとの絡みもよく食べ応えあり。
ぷりっとした食感で、中太の麺が、味噌と良く合っていました。


もやしは、久米島産の無農薬のものを使っているそうで、すごくシャキシャキしていて、食感が抜群でした。

「味噌」はもちろん久米島の特産です。

一つ一つの具材や、材料、調味料に拘っているから、こんなに美味しくなるんですね。



特に、「味噌」を用いたスープは、特筆すべき。
目から鱗」というか、正直、こんなに美味しいものかと思いました。

「味噌」は沖縄そばでは、まだ珍しいジャンルですが、ポテンシャルがすごくあるなと感じます。

また、食べたいと思わせる『やん小(やんぐゎー)』の「島味噌もやしそば」。

久米島を訪れたら、絶対に食べてほしい一杯です。

 

[http://:title]