さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

とまり食堂

ども、さんぺいです。

いや、ほんと夏ですね。
沖縄県では、学生も夏休みに入り、夏真っ盛りという感じです。

連日30度を超える猛暑が続き、なんと言っても沖縄の陽射しは強烈。
いやー暑い。



先日、伊江島を訪問しましたが、伊江島も1年で最も素敵な季節を迎えています。
どうですか、このブルー。

沖縄生まれ、沖縄育ちの私ですが、いくつになっても、この青にはときめきます。

夏の沖縄の海と空の色は、ほんとにスペシャル。




伊江ビーチも本格的なオンシーズンに入りました。

突き抜けるような空と、エメラルドブルーの海、息を呑むような美しさ。



いよいよ夏休みがはじまりますが、是非、伊江島も訪れてみてください。

沖縄本島から日帰りできるので、本土からの観光でも行きやすいかなと思います。
沖縄本島在住の方ももちろん、伊江島の海に感動するはず。



さて、ここからは伊江島沖縄そば屋さんの紹介です。

伊江港からもほど近い、伊江村東江前にある『とまり食堂』です。
2022年4月にオープンした新店で、初訪問となりました。

店は、伊江島の幹線道路沿いにあり、のぼりも出ているのですぐに分かるはず。
店頭が駐車場になっています。



店内は、テーブル席と座敷席があり、小ぢんまりとしたつくり。

町の食堂といった感じで、ふらっと入りやすく、独りでの利用もしやすい雰囲気です。
素朴で落ち着く空間。

初めて入りましたが、初めてを感じさせず、昔から馴染みの食堂のように思わず錯覚してしまいます。
それほど居心地が良い。



『とまり食堂』のメニューです。

ゴーヤー定食、野菜炒め定食、カレーにとんかつ定食、食堂の定番メニューが並びます。

沖縄そばは、三枚肉そばと、もずくそばの2種類があります。



今回は初訪問というとこで、三枚肉そば700円をいただきました。

大ぶりの三枚肉に、かまぼこ、沢山のネギ、紅生姜、これぞ沖縄そばといったルックスですね。



透明な澄んだスープが印象的です。


鰹節と豚で出汁を取ったオーソドックスな沖縄そばですが、かなりしっかりとした出汁の旨みがあります。
味つけは品があり、出汁の美味しさが前面の感じられます。

鰹や豚以外でも出汁を取られていると思うのですが、すごくふくよかなスープでした。
見た目のとおり、後味はスッキリとしていて、くどさは全然ありません。



麺は、中太の平打ちで厚みがあります。
中太なので満足感がありますね。

ほぼストレートで、啜り心地は滑らか。
コシもあって、美味しい。



大きく贅沢に3枚乗った三枚肉。

見た目は薄味かな、と思いましたが、味が良く染みていて美味でした。

沖縄そばの具材というと、どうしてもソーキが花形のように映りますが、三枚肉ってほんと美味しいんですよね。
各家庭でも、お店でも、それぞれ味つけが違い、ある意味沖縄そばの麺やスープ以上に、千差万別だなと思います。

それだけに美味しい三枚肉に出会う瞬間が、ほんと嬉しい。



伊江島で出会った『とまり食堂』。

普段着でふらっと入れる、地元客の多い食堂でした。
奇をてらったような派手な料理ではなく、沖縄の普段の料理が食べられます。

沖縄そばも、出汁の美味しさがしっかりと伝わってくるスタンダードな一杯でした。

島で食べるなら、こんな沖縄そばが良いんじゃないかな。




okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]