さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

あやぐ食堂22 ポークと玉子焼き

【あやぐ食堂全制覇への道】
人生で、ささやかな夢って、誰しもあると思います。

ハリウッド俳優になりたいとか、3億円当てたいとか、そんなんじゃなくて。
ケーキを1ホール食べてみたいとか、憧れの場所へ行ってみたいとか、出来そうなんだけどやってないやつ。

自分の以前からの夢で、沖縄そばの食べ歩きもそうなんですが、那覇市首里の『あやぐ食堂』のメニューを全制覇してみたいっていう願望があって。
これは今やっとかないと、きっと後悔すると思い、企画を立ち上げました。

沖縄そば食べ歩きとは少しズレますが、沖縄の名物食堂の記録と記憶を残したい、さんぺいの夢の実現に付き合ってもらえたら嬉しいです。

〈『あやぐ食堂』の過去記事〉

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

 

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com




ども、さんぺいです。

旧暦で盆を行う沖縄では、今年は8月10日、11日、12日が盆にあたります。
2日目の今日は、中間であることから「ナカビ」などと呼ばれ、各家で行事が行われます。

今年はちょうど「山の日」で祝日であることから、今日親戚まわりをする家庭も多いんじゃないでしょうか。
うちの職場は盆休みはないのですが、今日は休みなので、のんびり過ごします。



「あやぐ食堂全制覇への道」、22回目は遂にというか、いよいよというか「ポークと玉子焼き」の登場です。

これほどド直球で、シンプルなメニューもないんじゃないかなと思うような料理。

沖縄の家庭でも本当によく食べられていて、私自身、これまで数えきれないぐらい食べてきた料理でもあります。



www.orionbeer.co.jp
最近では全国区になってきた「ポーク玉子」ですが、知らない方向けに説明すると、「ポークランチョンミート」と玉子焼きを合わせたシンプルな料理です。

「ポークランチョンミート」は、豚肉を加工し缶詰にした商品で、「スパム」や「チューリップ」などのブランドが有名。

沖縄は、戦後、アメリカの統治下におかれていたこともあり、その際に広く普及したと言われています。

沖縄で「ポーク」と言うと、「ポークランチョンミート」を指すことが多いですね。
それぐらい一般的な食材です。



沖縄の郷土料理、「ゴーヤーチャンプルー」に入れてみたり。



沖縄のコンビニでは一般的に販売されている「ポーク玉子おにぎり」などに用いたりします。

「ポークランチョンミート」は、ちゃんぷるー料理や、おにぎり、単品で食べても美味しいので、すごく重宝します。
沖縄の家庭なら、常備しているという家も多いはずですよ。



『あやぐ食堂』名物のメニュー札。
メニューを眺めて、あれこれ悩んでいる時が、至福かも。

「ポークと玉子焼き」がしっかりありますね。



いつもの卓上調味料。
スタンバイはオーケーです。



きました、『あやぐ食堂』の「ポークと玉子焼き」650円です。

もう想像どおりの王道のルックスです。

焼かれた大ぶりな「ポークランチョンミート」に玉子焼き、そして『あやぐ食堂』の定食のレギュラーメニューが並びます。

もちろん、ご飯とみそ汁付き。




家庭料理の代表ともいえる「ポーク玉子」。
家にある食材でパパっと作れるし、困ったらコレ的な切り札でもあります。

だから正直、食堂へ行って「ポーク玉子」を食べるという発想が今までなかたのですが。

あらためて対面する人生初の『あやぐ食堂』の「ポークと玉子焼き」。



美味いよこれ・・・。

 



まず感じたのが、ポークの厚さと大きさ。
『あやぐ食堂』のポークは、本当に厚い。

これまで体験した中で、一番厚いと思われる大ぶりなポークにかぶりつく嬉しさよ。

美味しいのは事前に想像できたけど、このサイズ感で食べるポークはまた格別です。



沖縄が生んだ世紀のビッグカップル。

ポークと玉子焼き。
メインのポークを受け止めるのは、この玉子焼き。

およそ玉子2個分を贅沢に使った『あやぐ食堂』の玉子焼き。

ポークとのマリアージュは最高です。

沖縄県民なら分かるよね。



お口直しというか、バランスを取るのは、定番のキャベツの千切り。
揚げ物にも、肉料理にも合う、万能選手です。

「ポーク玉子」にも、もちろん良く合う。

力強いポークと、交互に食べます。



陰のエース。『あやぐ食堂』のマカロニサラダ。

こちらも定食メニューの定番ですね。
最後にマカロニサラダで〆ると、確実に満腹にしてくれる。

自分は最後に食べる派です。



ポークとご飯の組み合わせは最高なんだと、何度でも言っておきたい。

これほど簡潔な料理もないんじゃないかと思う「ポーク玉子」ですが、白米との組み合わせは、何十回、何百回と食べても最高に合う。

高級で手の込んだ料理よりも、「ポーク玉子」と白米を食べたい。



定番のみそ汁。




いつもの家庭料理である「ポーク玉子」を『あやぐ食堂』で食べたらどうなんだろ、と思いましたが、想像の上をいく満足感。

普段なかなか、「ポーク玉子」を目一杯好きなだけ食べる機会ってないと思うのですが、これだけのボリュームの厚切りポークと、美味しい玉子焼きでいただくのって、意外な贅沢だなって思いました。

それにしても「ポーク玉子」ってほんと美味しいなぁ。

レジェンド『あやぐ食堂』の「ポークと玉子焼き」、一度食べてみてほしい。

 



[http://:title]