さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

やんばる食堂

 

f:id:sanpei808:20210124085820j:plain

 

沖縄の食堂と言えば、早くて、安くて、旨い、そしてボリューム満点。

市民の胃袋を支える存在で、家庭の味から、Aランチなど洋食まで揃う、チェーン店には無い魅力があります。

 

戦後、戦争未亡人が始めやすかった事もあり、多くの食堂が営まれたとも言われています。

 

沖縄そばも、そんな食堂の中で発展してきました。

昔は、沖縄そば専門店はそれほど多くなく、食堂の1メニューとして提供されてきたんです。

沖縄そばは、食堂の味とも言えるんですよね。

 

 

 

そんな沖縄食堂を代表するお店が『やんばる食堂』です。

沖縄の人なら、必ず知っているのでないかと思う有名店。

昭和49年創業で、メニューの多さ、ボリューム、旨さは圧巻です。

 

ある世代なら、一度は『やんばる食堂』を通ってきたのではないかと思います。

私自身も、若い頃、『やんばる食堂』の定食を食べることが本当に楽しみでした。

 

 

 

人気店故に、足が遠のいていたのですが、ブログを始めた事をきっかけに10年以上ぶりに、再訪しました。

 

自動ドアを開くと、あの雰囲気が蘇ってきます。

これこれ、『やんばる食堂』の感じ。

 

f:id:sanpei808:20210124090051j:plain

 

 

f:id:sanpei808:20210124090158j:plain

壁一面のメニューが圧巻です。

Aランチから、肉料理、揚げ物、ちゃんぷるー、魚料理、汁物、カレーから丼物まで何でもあります。

 

今回は、やんばるそば定食760円をいただきました。

やんばる食堂の沖縄そばは、そばを基本として、三枚肉そば、ソーキそば、やんばるそば、肉野菜そばなどがあります。

その「定食」バージョンが、そば定食。

 

『やんばる食堂』名物の一つで、沖縄そばに、刺身、揚げ物、ライスが付いてくる夢のメニューです。

若い時は、これを食べるのがどんなに嬉しかったことか。

 

ちなみに、「やんばるそば」は、通常の沖縄そばに、生姜焼きを乗せた一品で、『やんばる食堂』オリジナルです。

 

 

f:id:sanpei808:20210124090601j:plain

出てくるのが早いのも『やんばる食堂』の特徴。

見よ、この圧倒的なボリュームを。

 

もう、理屈抜きで喰らうのが、『やんばる食堂』の楽しみ方、食べる順番など考えず本能のまま喰らいつけば良し。

 

f:id:sanpei808:20210124090734j:plain

「やんばるそば」に。

 

f:id:sanpei808:20210124090843j:plain

マグロのお刺身。

 

f:id:sanpei808:20210124091003j:plain

「やんばるそば」定食の場合は、揚げ物の替わりに目玉焼きが付いてきます。

 

 

 

「やんばるそば」は、豚の生姜焼きが効いていて、ぐんぐん食べ進められます。

スープは、しっかり味付けされてますが、スッキリしてるので一杯ぺろりと食べ切れます。

途中、生姜焼きの味がスープに染みて、味クーターになるのも、また旨い。

 

ライスは、目玉焼きを乗せて、醤油を垂らし、こちらも、ガツガツといただきました。

途中で、沖縄そばのスープも挟めば最高。

 

それにしても、このライス。「日本昔ばなし」に出てくる飯のように、盛られてくるんですよね。

 

 

 

ガツガツ、もしゃもしゃ、ズルズル。

苦戦しながらも、完食。

 

満腹感と満足感に満たされて、店を出ました。

しばらく動けませんが、それも良し。

『やんばる食堂』を堪能した1日でした。

 

地元に長く続く食堂があるのって、あらためてありがたい。

いつでも、あの味に帰れる幸せを感じました。

 

これからは、定期で行きます『やんばる食堂』。



那覇市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]