さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

【第12回スタンプラリー】田舎庵で首里そばを食べる

ども、さんぺいです。

今日は、あの有名店の『首里そば』が、首里以外でも食べられるお店を紹介したいと思います。

okinawasoba.hatenablog.com

首里そば』と言えば、沖縄で知らない人はいないんじゃないかと思う、沖縄そばを代表するお店です。

沖縄そば専門店として必ず名前が挙がるのはもちろん、絶えず行列をつくる人気店で、まさにレジェンドですよね。

最大の特徴はなんと言っても、昔ながらの自家製の手打ち麺。
昔は、各お店で作られていた沖縄そば麺も、現在では手打ちのお店は、ごく限られています。

独特の歯応えのある麺で、風味もあって、麺自体に美味しさがあります。

鰹節を中心とした上品なスープも絶品なんです。



そんな『首里そば』が、うるま市でも食べられると聞き楽しみに訪問しました。

首里そば』本店は、那覇市首里赤田町の住宅街にあり、比較的小さな店舗で超人気店であることから、ハードルが高いのも事実。
私も『首里そば』ファンですが、それほど回数は行けていません。

沖縄本島中部にあたる、うるま市でもあの味が楽しめるなら、これは幸いですよね。



店は、うるま市みどり町にある『味処 田舎庵(いなかあん)』。

うるま市役所にも近い中心市街地にあり、アクセスも便利な店舗。

夜は居酒屋として営業しており、ランチ限定で沖縄そばを提供しています。

大型な店舗なので、駐車場もありますし、利用しやすいのが特徴。


 

夜は居酒屋もされている事もあって、さすが席数もあって、ゆったりとしたつくり。
家族連れや、団体での利用も安心です。

清潔感があって、落ち着いた雰囲気。



もちろんカウンター席も。
ひとり客だと、カウンター席があるとありがたいですよね。

厨房の様子を眺めながら、沖縄そばを待つ時間が自分は好きです。



『味処 田舎庵』のメニューです。
ランチタイムは『首里そば』のみの提供となっています。

本店と同様にメニューがごくシンプル。
首里そば』の大、並、小とサイズを選びます。



豚のホルモンを用いた「中身そば」も扱っているんですね。
これはレアメニューだなぁ。

首里そば』麺を用いた、「中身そば」。
次は食べてみたい。



今回は、『首里そば』(並)650円をいただきました。

年間でもけっこうな杯数を食べている私ですが、『首里そば』を食べられるチャンスは本当に少なくて。
今回は、いつもの沖縄そば食べ歩きと比べても、いっそうテンション上がりました。

首里そば』が食べられるー。



本店そのままの『首里そば』の沖縄そば

端正なルックスが印象的です。
三枚肉に赤肉、カマボコにネギ、針生姜と、あくまでシンプルな沖縄そば

ルックスが美しい沖縄そばは裏切らない。



写真で、スープのクリアさが伝わるでしょうか。

見た目どおり、味も本当に澄んでいて、クリアで出汁の美味しさがストレートに伝わってくるスープ。
味つけも最小気に塩だけ。

あっさりとしてるんですが、鰹節をふんだんに使っているため、余韻がとっても豊か。ひと口目は薄いかなと思うのですが、飲むほどに美味しくなっていきます。



不揃いなのが自家製の手打ち麺の特徴。
首里そば』の沖縄そば麺といえばこれですよね。

最近は、自家製で生麺を提供している沖縄そば専門店も増えていますが、
プリ感やつるっとした感じの生麺ともまた違う美味しさが『首里そば』の麺にあります。

昔ながらの製法で作られる『首里そば』の麺。

コシが単純につよいのとも違う、ぷつんと切れる独特の食感なんです。
やっぱりメチャクチャ美味しい。




三枚肉など細部の具材まで丁寧なのも嬉しいポイント。
味付けも控えめに、上品な三枚肉。




最近の沖縄そば専門店では、具材に赤肉(ロース)が入っているのも珍しい。
このスタイルも、『首里そば』本店を踏襲しています。

脂身がない豚肉もまた違った味わいがあって良いな。




『味処 田舎庵』の沖縄そば

首里そば』本店と変わらない味、スタイルを楽しめるのが嬉しいですよね。

特に沖縄本島中部地域から那覇まで訪問するのは大変なので、気軽にこの味が楽しめるのはありがたいと思います。

アクセスの良さや、駐車場、席数を気にしないで良い利便性もありますし。

中部地域で『首里そば』を味わってみたいという際には、『田舎庵』がお薦めです。



デザートで付いてくる杏仁豆腐も美味しかった。
口直しに最高ですね。



沖縄そばスタンプラリー』10個目のスタンプゲット。
ようやく、ふた桁台。

全27店舗なので、ここからまた頑張って巡っていきますよ。




<他に『首里そば』が食べられるお店>

okinawasoba.hatenablog.com
首里そば』は、那覇市首里赤田町にある店舗が本店になりますが、2021年12月に支店として『首里そば なかだ』が、那覇市首里真和志町にオープンしています。

場所は、首里城入口近くの好立地にあります。

こちらも、本店と変わらぬ味を楽しむことができますので、是非訪問してみてください。




【第12回スタンプラリー一覧】

okinawasoba.hatenablog.com