さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

御殿山 ちゃんぽんそば

f:id:sanpei808:20201113134319j:plain


これも沖縄そば

そう、沖縄そばなんです。


沖縄そばの有名店『御殿山』が、最近新しくメニュー化した、「ちゃんぽんそば」。

ずっと気になっていて、今日ようやく食べることが出来ました。




食べたのは、『御殿山』のパルコシティ店。

『御殿山』と言うと、首里の御殿山にある本店が有名ですが、パルコシティと国際通りにも支店があります。


パルコシティは、2019年に、浦添市の西海岸に出来た大型のショッピングモールで、沖縄県では最大級の商業施設になっています。

こうした施設でも、専門店の沖縄そばが食べられるって嬉しいですよね。

おそらく、ここで初めて沖縄そばを食べたという方もいるんじゃないでしょうか。




『御殿山』パルコシティ店は、パルコシティのフードコート内にあり、定番のオリジナルの麺を用いた沖縄そばのほか、軟骨ソーキそば、ゆし豆腐そばなどが食べられます。


フードコートの良い所は、たくさんの店舗から好きな品を選べる点。

もちろん沖縄そばの他にも、ラーメン、定食、ステーキ、ハンバーガーなど様々な種類があるので、家族で訪れても安心です。


f:id:sanpei808:20201113134604j:plain

『御殿山』の店頭にあしらわれたシーサーの装飾。凝ってます。




f:id:sanpei808:20201113135202j:plain

話を戻して、「ちゃんぽんそば」。

まず初めに、沖縄で「チャンポン」と言えば、全国的に有名な「長崎チャンポン」とは、全くの別物です。

「沖縄チャンポン」(※沖縄では、こうした呼称はしませんが区別のため)は、野菜炒めを卵でとじて、ご飯に乗せた家庭料理です。

沖縄ではメジャーで、家庭で作られる他、食堂の定番メニューでもあります。


そんな「沖縄チャンポン」を、沖縄そばでアレンジしたのが「ちゃんぽんそば」。

「沖縄チャンポン」のご飯部分の替わりに、沖縄そばの麺を使っているのがポイントです。




f:id:sanpei808:20201113135333j:plain

野菜炒めの下には・・・沖縄そばの麺が!



肝心のお味は。


うん、なるほど。

これは今まで無かったのが不思議なぐらい、沖縄県民が好きな味。


もともと、沖縄そばには「野菜そば」という不動のメニューがあったし、汁無しという点でも、「焼きそば」の具材として沖縄そばの麺は、すでに人気なんですよね。


だから、「沖縄チャンポン」好きな沖縄県民の口に合わないわけがない。


味付けされた野菜ちゃんぷるーと、卵の旨味と、沖縄そばを一緒に食べる美味しさは、新鮮。

そして、『御殿山』ならではの、オリジナル麺がしっかり存在感があるので、麺そのものの美味しさが楽しめるのもポイントです。




f:id:sanpei808:20201113135520j:plain

新しい沖縄そば麺の楽しみ方として、めちゃくちゃ有り、だと思いました。

野菜がたくさん摂れてヘルシーだし、幅広く需要がありそうです。


あと、材料や技術的にも、従来の野菜ちゃんぷるーのアレンジなので、専門店から家庭まで、作ることは難しくないはず。


希望としては、複数の店舗に「ちゃんぽんそば」が広がって、沖縄そばの新しいジャンルとして定着してほしいな。

製麺会社や、大手スーパーなど、麺の販売促進の一環としてキャンペーンとかやってほしい。


ポテンシャルは、めちゃくちゃあると思うので期待しています。


沖縄そばの可能性を広げる一皿です。