さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

お食事処 ゆき


ども、さんぺいです。

前回に引き続き、久米島で食べた沖縄そばの紹介です。

沖縄そばとひと口に言っても、地域によって様々な麺、具材、味つけがあり面白い。
特に、沖縄県には多くの離島があり、離島の沖縄そばはより個性的なんです。



youtu.be

久米島は、沖縄県では5番目に大きな島で、沖縄本島西表島石垣島宮古島につぐ大きさです。

海の綺麗さ、久米島紬などの伝統工芸品、味噌などの特産品で知られていて、県内有数の観光地でもあります。

私は久しぶりの久米島訪問でしたが、やっぱり自然の美しさは目を見張るものがありますよ。




写真は、「畳石」の様子。

大昔に溶岩が固まり、冷却し割れたものなんだそうですが、畳のような形であることから「畳石」と呼ばれています。

貴重な自然の造形で、国の天然記念物なんだそう。



久米島のシンボルともなっている「五枝の松」。

大きく広がった姿が優美です。
それにしても自然の力って凄いですね。




今日のお昼は、兼城港から近い、久米島町鳥島の『お食事処 ゆき』にしました。

市街地にあるお店です。

昼時には、一気に席が埋まってしまうほどの人気。
地元のお客さんが多い様子でした。

店内には、カウンター席と、テーブル席があり、カウンター前の水槽が目を引きます。



『お食事処 ゆき』のメニューです。

幅広いメニューがあるのが凄い。
島でも人気があるわけだ。

定食が充実していて、焼肉にトンカツ、エビフライに、生姜焼きまで揃っていて、もちろん沖縄では定番のチャンプルーも各種あります。
さらに、みそ汁や、にんじんしりしりーまで押さえているのは嬉しい。

この日も常連のお客さんが、思い思いに注文をしていました。


沖縄そばは、三枚肉そばとソーキそば、そして、牛肉もやしそばがあります。

今回は、店でも人気メニューという「牛肉もやしそば」750円を注文しました。



どうですか、この圧巻のもやし、そして肉。
沖縄そばに、ドカンと肉もやし炒めが乗った一品です。



『お食事処 ゆき』の「牛肉もやしそば」の特徴は、まずどっさりと乗った牛肉。

下味がしっかりと付いていて、甘辛に味付けされた牛肉は柔らかく旨い。
この牛肉でどんどん、麺も進みます。

さらに、胡椒が強く効いたもやし。

胡椒のパンチが効いていて、ヒリヒリするような辛さがあり、クセになるような味わいです。


牛肉と、もやし、そして中太の麺を一緒に食べてみれば、混然一体のスペシャルな美味しさ。

もやしのシャキシャキ感、牛肉のジューシーな旨さ、もちっとした沖縄そばの麺が奏でる最高のハーモニー。

最後は、肉の味付けや胡椒が、沖縄そばのスープに溶け出して、スパイシーかつ濃厚なスープに仕上がります。

この旨みの塊のようなスープを、汗をかきながら飲み干す瞬間が堪らない。



ジャンクな仕様で、間違いなく満足感のある一杯ですが、油濃さはなく、不思議と重たい感じはありません。

胡椒の分量が絶妙で、牛肉ともやしがとにかくクセになる。

食堂としても超優秀なので、いつか別メニューも食べてみたいです。

 



久米島町沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com


[http://:title]