さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

【沖縄そば問題⑤】沖縄そば最強のサイドメニューは何か?

f:id:sanpei808:20200829052633j:plain

沖縄そば問題』の第5回。

このテーマは、沖縄県民の間で必ず論争になる、沖縄そばに関わる話題を取り上げています。



今回は、「沖縄そば最強のサイドメニューは何か?」


ラーメン屋に餃子、うどん屋に天ぷらがあるように、沖縄そば専門店にも沖縄そば以外のサイドメニューがあります。

そのサイドメニューの中で、沖縄そばと最も合う品は何か?



煽っておいて何ですが、実は今回は私の中で答えはもう決まっています。

それは、じゅーしー。


f:id:sanpei808:20200829052712j:plain

沖縄の郷土料理で、本土で言うところの、炊き込みご飯です。

豚肉や昆布、しいたけ、ひじき、人参など沖縄に馴染みのある食材を用い、味付けを行ったご飯は、沖縄の盆など行事にも欠かせない料理です。


いつの頃から沖縄そばとセットで提供されるようになったのか分かりませんが、沖縄そば屋の多くがじゅーしーを置いており、「○○のじゅーしーは美味しい」といったように、じゅーしーが評価される店もあるほど。


沖縄そばとセットで注文されることが多く、私も、もう一品という時には、必ずじゅーしーを注文します。

沖縄そば専門店のじゅーしーは、店のそばの特性、あっさりなのか、こってりなのかなどに合わせて作られていて、もちろん相性はばっちり。


じゅーしーが沖縄そば最強NO.1のサイドメニューであることは異論がないかなと思います。




ではでは、じゅーしー以外のサイドメニューの定番と言えば。


同じ専門店でも多様な沖縄そばがあるように、実はサイドメニューも多様です。


f:id:sanpei808:20200829052806j:plain

ポストじゅーしーの代表格は、「いなり寿司」。

本土の方には意外かもしれませんが、汁物の沖縄そばとセットで食べる炭水化物として、気軽に食べられる「いなり寿司」は人気があります。

亀かめそばの「いなり寿司」は1個から注文できて美味しいですよ。

ご飯系としては、ほかに「白米」や「おにぎり」を置いている店も。スープが濃いめの沖縄そばには、「白米」も合います。



他に、人気があるのが沖縄風の「煮付け」。

豆腐に、野菜、昆布、豚肉など沖縄定番の食材を用いた「煮付け」もサイドメニューとして人気です。

置いている店は少ないですが、御殿山の「煮付け」などメニューにあれば是非食べていただきたい、沖縄を感じさせる料理です。


あと人気なのが、うちなー「天ぷら」。

本土の天ぷらとは別物で、厚い衣で揚げられた「天ぷら」。沖縄ではおやつ感覚で気軽に食べられます。(最近、コンビニでの販売も始まりました!)

沖縄県民の好物なので、もちろん沖縄そばのサイドメニューとしても鉄板です。ただし、置いている店は『高江洲そば』や『ちょーでーぐぁ』など限られているかも。


f:id:sanpei808:20200829052902j:plain

最近増えてきているのが「餃子」。

沖縄そばに「餃子」?と驚かれる方もいますが、沖縄そばの新店舗には既成の枠組みに囚われない自由なメニュー作りを行っている所も。

確かに麺類には、「餃子」がよく合う。

『東江そば』や『いしぐふー』は、「餃子」単体でも人気が高く、有名です。


f:id:sanpei808:20200829052927j:plain

意外性があるのが、カレーを出している沖縄そば専門店があること。

ちょっと関連性が思いつかないのですが、そばの出汁を使ったカレーが美味しいのか。

写真は名護市の名店『宮里そば』のカレーです。他にも『月桃』や『よしもと食堂』など、沖縄そばだけでも評価が高い店が、なぜかカレーを出しているケースがあります。

サイドメニューにあったら頼んじゃいますよね。


f:id:sanpei808:20200829052945j:plain

最後に変わり種を。

私が大好きな『宮里そば』の謎サイドメニュー「スパゲティ」と「トースト」です。

なぜ沖縄そばで超有名な店が同じ麺類をメニュー化しているのかは、沖縄そばの七不思議ですが。

地元名護では、ふつうに家族連れが「スパゲティ」を食べている姿が見られます。

行列必至の沖縄そば店で、観光客が並んでいる中、「スパゲティ」を食べる余裕は、ある意味羨ましいものでした。

ちなみに味は驚くほど普通の「スパゲティ」です。


f:id:sanpei808:20200829053004j:plain

「トースト」は単品でも注文することができ、地元民は、沖縄そばと「トースト」当たり前に一緒に食べていました。




最後は、迷宮に迷い込んでいくようでしたが、沖縄そばのサイドメニューと一口に言っても、奥が深すぎる世界ですね。

伝統の沖縄料理である「じゅーしー」や「煮付け」はもちろん。

「いなり」や「餃子」、はたまた「トースト」まで。貪欲に何でも定番化していく沖縄県民の胃袋よ。


最近は、新店舗を中心に新たな「丼もの」も生まれてきており、サイドメニューに新しいスターが誕生するかもしれません。



〈注釈〉

① 人気店『首里そば』の沖縄そばとじゅーしー。沖縄そばはもちろん、上品な味付けのじゅーしーは絶対食べてほしい一品。

② 創業明治38年。現在営業する店では最古の沖縄そば屋『きしもと食堂』のじゅーしー。具沢山で人気が高い。

③ 亀かめそばの「いなり」。1個50円。

④ 『いしぐふー』の「餃子」。麺類と「餃子」はよく合う。「餃子」単体でも人気が高い。

⑤ 名護市の超有名店『宮里そば』の黄色い「カレー」。

⑥ 『宮里そば』の「スパゲティ」。詳細は、下記の過去記事を読んで欲しい。

⑦ 『宮里そば』の「トースト」。沖縄そばとの組み合わせは、驚くほど普通。普通のパン。



<奥が深すぎる宮里そばに関する過去記事は以下から>

宮里そば

http://nagominiikou.ti-da.net/e3429096.html


宮里そばのスパゲティ

http://nagominiikou.ti-da.net/e3478518.html


宮里そばのカレーライス

http://nagominiikou.ti-da.net/e5898651.html


宮里そばのトースト

http://nagominiikou.ti-da.net/e5310475.html