さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

茉家

f:id:sanpei808:20200724085349j:plain

今日も沖縄は、気持ちの良い晴れ。

良い連休になってます。


今回は、昨日訪ねた、浦添市伊祖にある『茉家』について。

沖縄そば専門店の中でも、人気店で、こだわりのある沖縄そばが食べられるお店です。



私は、西原町時代に訪問したのが初めてですが、その味や、向き合う姿勢にとても驚いたのを覚えています。


場所は、浦添市伊祖の「学園通り」。

パイプラインから、58号線向けに右手で、看板ですぐに分かると思います。

駐車場もありますよ。



店は、カウンターとテーブル席があり、十分に距離を取られている所からも、感染症対策への配慮をとても感じました。


メニューは、麺とスープのみで直球勝負したシンプルな茉家そばから、限定の炙りソーキ、炙り三枚肉、てびちなどがあります。


今回は、特性ソーキそば950円と、じゅーしー小150円をいただきました。


f:id:sanpei808:20200724085445j:plain

まず、見た目のインパクトが凄い。

薬味のネギと、ソーキは完全別皿で、麺とスープのみの沖縄そばが出てきます。


ひと口スープを啜ると、旨味がワッときて、また驚き。

豚や鰹ほかで出汁を取られていると思いますが、濃縮された旨味が押し寄せてくる感じです。

第一印象で、こんな沖縄そばのスープ、なかなかないです。


特製の麺は、生麺で、プリっとした食感でコシがあります。

麺自体の美味しさがあって、出汁が力強いので、麺とスープだけでも、永遠に食べていたくなります。


別皿のソーキは、そばとのバランスもとても良い

上品な味付けでした。


具沢山のじゅーしーは、八重山で使われるピパーツの風味が効いていて、こちらも美味しかった。




細部までこだわりが感じられる沖縄そばで、スープも麺も具も、丁寧に作られているのが分かります。

沖縄そばと言うと、沖縄の元祖ファストフード的なイメージもありますが、『茉家』の沖縄そばを食べて、概念が変わりました。

料理として、こんなに奥が深いんだ、と感じます。



沖縄そばの概念を更新し続けている『茉家』。

沖縄そばが好き、という方に是非食べてほしいです。