さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

あやぐ食堂2 あやぐそば

 

f:id:sanpei808:20210114173450j:plain

 

当ブログでも、たびたび取り上げていますが、「沖縄そば」には、麺とスープ、三枚肉とかまぼこ、ネギからなる、ノーマルな「沖縄そば」の他に、プラス○○な、「○○そば」が存在します。

 

ソーキそば、ゆし豆腐そば、てびちそば、などですね。

 

 

 

この、沖縄そばと掛け合わせる、一推しメニューが「肉野菜そば」なんです。

具材を沖縄そばに、ただオンするのみでなく。

 

肉野菜炒めの汁(旨みや、油)が、スープに溶け込むことにより、スープ、麺、肉野菜炒めが渾然一体となった、えも言われぬ旨さを作り出しています。

 

前回、そんな「肉野菜そば」の魅力を熱く語りましたが。

 

okinawasoba.hatenablog.com

 

今年は積極的に、食べていきたいと思います。肉野菜そば。

 

 

 

 

今回は、那覇市首里久場川町にある、沖縄食堂の名店『あやぐ食堂』で肉野菜そばをいただいてきました。

 

『あやぐ食堂』と言えば、安くて、旨くて、ボリューミーな沖縄食堂を代表するお店です。

 

〈前回の訪問記事はこちら〉

okinawasoba.hatenablog.com

 

 

f:id:sanpei808:20210114173919j:plain

今回注文したのが、これ。

その名も「あやぐそば」620円。

 

f:id:sanpei808:20210114173728j:plain

『あやぐ食堂』の沖縄そばには、ノーマルな沖縄そば(大)(小)の他に、ゆし豆腐そば、野菜そば、中味そばがありますが、数多いメニューの中でも、「あやぐ」の名を冠しているのは「あやぐそば」だけ。

それだけ、この肉野菜そばに、自信があるんでしょうね。

 

 

f:id:sanpei808:20210114173759j:plain

運ばれてきた瞬間から、ニヤニヤが止まらない自分。

この沖縄そばに盛られた、野菜、肉、肉、のボリューム。

 

肉野菜そばの掟は、上品にではなく、あくまで本能の赴くままに喰らうこと。

 

普段は、スープを慎重に味わい、麺を確かめ、ゆっくりと食べ進める私ですが。

今日は、ガッツかせていただきます。

 

 

 

『あやぐ食堂』の「あやぐそば」は、葉野菜が多め。

葉野菜に、にんじん、もやし、ネギなどが入っており、野菜のシャキシャキ感が最高。

沖縄料理の「ちゃんぷるー」を、数多く扱っている食堂の名店だけに、野菜炒めはお手のもの。

 

そして、存外に多く入った豚肉。

甘みがあって、火の通りも良くて、ボリュームが凄い。

 

肉野菜そばと言うと、ジャンクな一面がありますが、『あやぐ食堂』は、味付けが濃すぎず、油っこさもなく、優しい味わい。

 

肉と野菜炒めの旨みが合わさったスープは、普段の鰹出汁のスッキリとしたものから、さらに美味しさを増しています。

この、スープ、麺、肉野菜炒めの、渾然となった旨さが魅力。

 

後は、麺をスープに絡めながら、麺、肉、野菜、時々、スープと食べ進むだけ。

 

気づけば、完飲、完食です。

 

 

 

肉野菜炒めの味付けが、個人的には絶妙で、沖縄そばと合わせた時のバランスもとても良かったです。

さすが「あやぐそば(=肉野菜そば)」。

 

数ある豊富なメニューを誇る『あやぐ食堂』ですが、これはリピート確定な一杯です。

 

まーさん。


[http://:title]