さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

今、1番食べたい沖縄そば

f:id:sanpei808:20201213051514j:plain一番食べたいものは、と問われたら。

『高江洲そば』のゆしどうふそばと答えます。

もちろん日々、食べたいものは変わりますが、それぐらい『高江洲そば』のゆしどうふそばが好き。




初めて『高江洲そば』のゆしどうふそばを食べた時に、画期的と感じたのは、沖縄そばとゆし豆腐の組合せが高度にマッチしている所。

これじゃなきゃ、という美味しさが、ゆしどうふそばにはあるんです。

 

沖縄そばプラス◯◯といった組合せは、たくさんありますが、意外にも成功例は少ないもの。

と言うのも、沖縄そばに、まんま◯◯を加えると、そば本来の美味しさを壊しがちだから、だと思うんです。

 

だから、沖縄そばはプレーンで食べたいという沖縄そば好きは多い。

 

 

 

f:id:sanpei808:20201213051618j:plain『高江洲そば』のゆしどうふそばは、ゆし豆腐、スープ、麺、ソーキ、各々がそれだけでも美味いのに、相乗効果を発揮して、チームとして完成されている点が凄い。

ゆし豆腐は、優しい味付けでふわふわ。これだけでも美味しく、食感が最高です。

 

スープは、これまた優しい味付けで、ゆし豆腐の美味しさを邪魔することがありません。

一方で、豚骨の出汁は、存在感抜群。

ゆしどうふそばと言うと、軽いイメージがありますが、出汁の存在感がしっかりしてるから、物足りなさが無いんです。

 

これを受け止める麺は、細麺で縮れのある、固めの食べ応えある麺。

ゆし豆腐とのコントラストがあって、食感が凄くマッチしてます。

 

ソーキも絶妙な味付けで、この一杯に調和してます。

 

 

 

f:id:sanpei808:20201213051705j:plain何度食べても、新しい驚きと、一方でホッとする感じがあって。
この優しい、飽きのこない美味しさが大好きですね。

 

 

 

ああ、書きながらまた食べたくなっている。

 

 

 

f:id:sanpei808:20201213051749j:plainじゅーしーも、まーさん。

 

 

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com