さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

宮良そば

f:id:sanpei808:20200831134638j:plain


今日の沖縄は、旧盆の初日、ウンケー(お迎え)にあたります。

台風9号の影響で、風雨が強まっていて、公共交通機関も15時から止まるようです。


沖縄に住んでいると、台風は年中行事のようなものですが、今回の台風はかなり大型。

皆さん、対策は万全でいきましょう。



雨が強くなる前にと思い、11時に、浦添市当山にある『宮良そば』を訪問しました。


創業は昭和61年(1986年)と、実績ある沖縄そば専門店です。


場所は、330号線を南向けに走って、左手の通り沿い、目立つ店構えです。

店頭に、駐車場がありますよ。


店は、テーブル席、座敷、カウンターがあり、席数も多く、利用しやすい雰囲気。

沖縄そば以外にもちゃんぷるーや、煮付けなどの定食があり、サイドメニューも豊富なので、家族連れも利用しやすいはず。



『宮良そば』の特徴は、なんと言っても、「八重山そば」が食べられること。


沖縄そばは、豚骨と鰹節で出汁を取り、沖縄そばの麺を用いるといった基本的な仕様がありますが、地域ごとに少しずつ違った特徴があります。


八重山そば」は、石垣島など八重山で食べられている沖縄そばの一種で。


沖縄本島で食べられているそばとの違いに、

①平打ち麺ではなく、丸麺を使用。麺はやや柔らかめ。

②具材は、かまぼこ、豚肉を細切りにして乗せる。

③香辛料として、八重山独特の、「ピパーチ」を用いる。

などがあります。


今日の目的も、「八重山そば」を食べること。

八重山そば(中)670円をいただきました。



f:id:sanpei808:20200831134754j:plain

写真で、分かるでしょうか。

沖縄本島の麺が、平たく角ばっているのに対して、「八重山そば」の麺は、丸く中細の麺になっています。

食感の違いも、そばを食べる楽しみの一つです。


そして、具材は、味付けされた、かまぼこと豚肉が細切りで入っています。

これが、そばの麺とよく合うんですよね。


f:id:sanpei808:20200831134850j:plain

途中からは、八重山独特の香辛料「ピパーチ」をかけて、風味を味わいました。

胡椒の一種のようですが、味、辛さ、刺激といったよりは、香りの効果が一番あるかなと思います。

表現が難しいのですが、バニラのような甘い香りがするんですよね。



久しぶりに「八重山そば」を堪能でき、満足でした。

沖縄本島で、「八重山そば」を食べられる店は少ないので貴重です。

メニューも豊富で、オペレーションもスムーズなので、会食などにもとても便利なお店です。



f:id:sanpei808:20200831134948j:plain

サイドメニューの旨肉丼。まーさん。


f:id:sanpei808:20200831135046j:plain

実は、「骨汁」が有名なお店。