さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

【第11回スタンプラリー】わらいそば 2

f:id:sanpei808:20211018193939j:plain沖縄そばスタンプラリー』の紹介は、以前の記事から↓

okinawasoba.hatenablog.com




沖縄県民の恒例行事『沖縄そばスタンプラリー』が今年もはじまりました。

沖縄そば関連の企画では、最大のイベント。
沖縄そばじょーぐー(沖縄そば好き)として、私も毎回楽しみにしています。

今回で11回を迎える、沖縄そば発展継承の会が主催する催しで、対象の店を巡りスタンプをもらっていくというもの。
スタンプを集める事で、「沖縄そばじょーぐー」の認定証などがもらえ、ほか特典が多数あります。

全22店舗を、10月から、翌年2月までに回るこの催し。
当ブログでも、各地域の雰囲気を楽しみながら、マイペースで食べ歩きをしたいと思います。

レッツゴー!




6回目の訪問に選んだのは、豊見城市根差部にある『わらいそば』。

昨年の『沖縄そばスタンプラリー』時に訪問して以来、2回目の訪問です。

『わらいそば』の特徴は、「ゆし豆腐専門店」と掲げているところ。

沖縄そば専門店では、ゆし豆腐そばは定番メニューとなっていますが、ここまで「ゆし豆腐」推ししているお店は珍しい。
自信の現れですよね。

豆腐好きとしては、テンション上がります。

okinawasoba.hatenablog.com

前回は、人気の「ゆし豆腐そば」をいただきました。
やっぱり豆腐の美味しさが印象的でしたよ。



店は商業施設に入っているため、駐車場も比較的余裕があります。

夜は居酒屋として営業されているため、座席数も多く、ゆったりした気分で沖縄そばが楽しめます。


 

f:id:sanpei808:20211018194733j:plain

f:id:sanpei808:20211018200015j:plainそばのメニューは、基本の三枚肉の沖縄そばのほか、人気のゆし豆腐そば、軟骨ソーキそばなどがあります。

変わったところでは、麻婆つけ麺や、担々ゆし豆腐まぜそばがあり、バラエティ豊富。
チャンプルーも押さえているのは嬉しいですね。




f:id:sanpei808:20211018200455j:plain前回は、「ゆし豆腐そば」をいただいたので、今回はノーマルな沖縄そば(大)650円を注文しました。

最初に目が行くのは、やっぱり煮卵でしょうか。
鮮やかな黄色の煮卵は、沖縄そばの具材としては珍しいです。

しっかり味も染みて、煮卵単体としても美味しかったですよ。



f:id:sanpei808:20211018201042j:plain
スープは、しっかり動物系の出汁を効かせながら、鰹出汁の風味も豊かでした。

基本の沖縄そばのスープですが、味つけもしっかり目で、方向性がはっきりしているので、広く好まれそうなスープ。

濃厚さと、鰹出汁のバランスが印象的。



麺は、人気の照喜名製麺

細かくウェーブがかかった硬めの麺で、口当たりと歯応えが独特。
私も大好きな麺です。

この硬めの麺、食べ応えがありますよね。
『わらいそば』のスープにも良く合っていました。



f:id:sanpei808:20211018201624j:plain
『わらいそば』の沖縄そば

三枚肉にかまぼこ、煮卵にネギと、シンプルな構成の沖縄そばですが、しっかりとしたスープと照喜名製麺の麺で、物足りなさは全然ありませんでした。

駐車場や、余裕ある座席など、利用もしやすい沖縄そば屋なので、家族連れや、会食での利用にもお薦めです。



f:id:sanpei808:20211018202244j:plain

「第11回 沖縄そばスタンプラリー」、6個目のスタンプゲット!

お店の方に「がんばってください~」と声をかけていただきました。
ささやかな触れ合いがあるのも「スタンプラリー」の良い所ですね。




【第11回スタンプラリー 一覧】

okinawasoba.hatenablog.com