さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

きしもと食堂

f:id:sanpei808:20200820173756j:plain

 

最近、猛暑が続いていますね。

沖縄も今年の夏は台風が少なく、もったいないぐらい気持ちの良い晴天が続いています。

 

今日は、久しぶりに憧れの沖縄そば店を訪問しました。

沖縄本島の北部、本部町渡久地にある『きしもと食堂』の本店です。

 

沖縄そば店を訪問する時は、店を決めた瞬間からワクワクしますが、今日は一層テンションが上がる1日でした。それぐらい特別な店なんです。

 

 

 

f:id:sanpei808:20200820174000j:plain

『きしもと食堂』。

あまり、沖縄そばは詳しくないよ、と言う方でも耳にしたことはあるんじゃないでしょうか。

明治38年(1905年)創業で、現在営業している沖縄そば屋では最も古いお店です。

 

1905年って、「日露戦争」の翌年ですから。その歴史が分かるかと思います。

 

特徴として、営業期間が長いのはもちろん、沖縄そばの伝統的な製法で、今もそばを作り続けている点があります。

 

元来、沖縄そばは、木灰汁を用いて麺作りをしていましたが、現在ではかん水を用いることが多く、手打ちの麺も貴重になっています。

 

 

f:id:sanpei808:20200820174035j:plain

そんな『きしもと食堂』は、ちゅら海水族館のある本部町にあり、本部町の中心地、町営市場近くに在ります。

駐車場も店近くにありますよ。

 

瓦屋の小ぢんまりとした店は、老舗の趣があって、いつも画になるなと思います。

 

いつも行列が必至の超人気店ですが、今回は早めに訪問し1番に入店。

店は、入店時にマスク義務付けなど、すごく対策に気を使われていました。

 

 

メニューは、ごくごくシンプル。そば(大)750円、そば(小)600円、じゅーしー300円のみ。

 

迷わず、そば(大)とじゅーしーを注文しました。

 

 

f:id:sanpei808:20200820174120j:plain

久しぶりに対面した『きしもと食堂』の沖縄そば

まず特徴的なのは、やっぱり木灰汁を用いて作られているという手打ちの麺。

一般的な沖縄そばの麺と比較して、かなり太めです。

そして、独特な食感と風味。

コシがあるとも違う、もっちりとした歯応えの麺は、他に似たような店が思いつかない『きしもと食堂』でしか味わえない麺だと思います。

 

 

スープは、鰹をベースに豚骨や三枚肉を加えた出汁。

しっかり目の味付けで、後から鰹出汁の美味しさが、じわーっと伝わってくる。飲み進めるほど、出汁の美味しさが広がっていきます。

 

 

三枚肉も絶品で、厚みがあり食べ応えのある肉。

しっかりとした味付けで、太麺との相性がとても良いです。

 

 

 

 

明治から続く沖縄そば

歴史が、この一杯に盛られていると思うと、胸が熱くなるし、ワクワクします。

沖縄は、先の大戦アメリカ軍占領下、本土復帰と、歴史の変化に翻弄されてきた島で、百年続いている店は、すごく少ないんですよね。

 

そんな沖縄そばのレジェンドとも言える『きしもと食堂』の沖縄そば

今、沖縄県内の人に是非食べてほしいです。

 

 

 

前回の訪問は8年前でした。

https://nagominiikou.ti-da.net/e3472015.html

 

f:id:sanpei808:20200820174203j:plain

じゅーしーは具沢山。まーさん。



本部町沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com