さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

やかそば

f:id:sanpei808:20220124174258j:plainども、さんぺいです。

今回は、宜野座村のランドマークともいえるお店『やかそば』を訪問しました。

沖縄本島東海岸沿いにある幹線道路、329号線を走る際に必ず目にするであろう沖縄そば屋。
『やかそば』に行ったことはなくても、宜野座村の『やかそば』は見聞きした事があるよ、という方は多いのではないでしょうか。



f:id:sanpei808:20220124174750j:plain場所は、沖縄自動車道の「宜野座IC」を下りて、近く。
宜野座村の松田にあります。

329号線沿いに、目立つ形で建っています。
のぼりが多数立っているので、見落とすことはまずないはず。

駐車場も広めなので、ドライブでの訪問も安心ですよ。

シンプルな外観が良いですね。



f:id:sanpei808:20220124175222j:plain店を入るとすぐ目に入るのが、メニューの札。

どうですか、この圧巻のメニュー数。

沖縄そば屋や、食堂が大好きな私ですが、この光景にはテンション爆上がり。
もう大好きですね。

しかも、内容が、山羊汁や、山羊刺身、ヒツジ刺身から、中味汁、てびち汁・・・と、パンチが効いたメニューが並んでいます。

沖縄の老舗食堂でも、なかなかこんなラインナップは見られません。


f:id:sanpei808:20220124175524j:plain『やかそば』は、沖縄そばや、汁物だけでなく、丼もの、定食、カレーが充実しています。

その中身も、焼きヒツジ鉄板や、牛ステーキ目玉丼、焼牛タン丼など、個性派メニューばかり。


f:id:sanpei808:20220124175718j:plain
座席は、テーブル席と、座敷があり。

内装はシンプルで、食事の内容で勝負する沖縄食堂の王道スタイル。

 

 

f:id:sanpei808:20220124175038j:plain食券の購入方法が少し変わっていて、メニューを選択するのではなく、支払いする金額を選ぶ方式になっています。

メニューが豊富な『やかそば』ならではですね。

自分は、「やかそば」830円と、目玉焼きライス(バター乗せ)200円なので、1030円か・・・、っと。



f:id:sanpei808:20220124175859j:plainじゃじゃん。

程なくして運ばれてきたのが、店名を冠した看板メニューの「やかそば」と「目玉焼きライス(バター乗せ)」です。

「やかそば」は、軟骨ソーキがゴロゴロと乗っていて、ワカメとネギが乗った一杯。
沖縄そばは、「平麺」と「細麺」から選べますが、沖縄本島北部ならではの「平麺」をチョイスしました。



f:id:sanpei808:20220124180110j:plain大衆食堂的な先入観があったので、もっと大味な沖縄そばをイメージしていたのですが、激しく反省。

丁寧に取られた出汁に、幅広の平打ち麺がマッチした極上の沖縄そばでした。



スープは、鰹節の出汁をベースに、動物系のコクもしっかりと感じられます。

出汁の旨みは十分で、味つけもほどよく、後味もスッキリとした印象。
最後まで、本当に美味しく飲み干せるスープ。



f:id:sanpei808:20220124180313j:plain麺が見えるでしょうか。

沖縄本島北部で良く用いられる、幅広の平打ち麺です。
自家製の生麺を使用。

伸びがあって、もっちりとした食感の麺が、甘味のある鰹出汁のスープと良く合います。



そして、圧巻なのが、軟骨ソーキ。

これでもかと、ゴロゴロと入った軟骨ソーキは、塩味で優しく味付けされていて、飽きのこない味。
ボリュームたっぷりですが、箸が止まりません。

柔らかく、トロトロに仕上がっていて、軟骨ソーキ好きなら、堪らないんじゃないでしょうか。



f:id:sanpei808:20220124185109j:plain何気に入っている、ワカメも良い仕事してました。

事前のイメージと違って、雑な所などない、バランスの取れた一杯。

出汁の効いた甘味のあるスープに、平打麺、圧巻の軟骨ソーキに、ワカメとネギ、それぞれが調和して、最高なハーモニーを奏でています。
食べたらきっと分かってもらえるはず。

また絶対に食べに行きたい沖縄そば




f:id:sanpei808:20220124180432j:plain目玉焼きライス(バター乗せ)なんてメニューが在るあたりも、最高。




宜野座村沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]