さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

かふぅ食堂

f:id:sanpei808:20210308192855j:plain


この1週間、ひたすら忙しくて、心身共にまいっていました。

だから、週末は、わがままに喰うと決めていました。好きなものを好きなだけ。




訪問したのは、那覇市首里の「JAグリーン首里」に併設されている『かふぅ食堂』。

町の食堂といった雰囲気のお店で、ザ・沖縄の食堂です。


場所は、石嶺団地の近く、周囲は住宅地になります。

JAがやっている家庭菜園などの品を扱う店舗の建物内に併設されていて、那覇市首里でこれだけ駐車場があるのは大変ありがたい。

駐車場の心配がないのは嬉しいですよね。


<JAグリーン首里のサイトはこちら

  https://suimaru.ti-da.net/




店に入ると、まず正面の厨房前に貼られたメニューの札が目を引きます。

沖縄料理の定番の「ちゃんぷるー」や「ちゃんぽん」は、もちろん、カレーからナポリタン、定食まで幅広くあるのは、沖縄の食堂ならでは。

ほね汁が人気なようです。


座席は、厨房前のカウンター席に、テーブル席、座敷まであります。

家族連れなども利用しやすいですね。




メニューに目を戻し、沖縄そばは、軟骨そば、てびちそば、野菜そば、肉野菜そばなどがあり。

特に、野菜炒め、ライスが付く「そば定食」が人気なようです。

今回は、私のわがままに行きたいという願いを叶えるため、「そばとんかつ定食」800円を注文しました。



f:id:sanpei808:20210308192958j:plain

でてきた「そばとんかつ定食」がこちら。


f:id:sanpei808:20210308193042j:plain

軟骨ソーキがしっかり乗った沖縄そばに。


f:id:sanpei808:20210308193119j:plain

鎮座するトンカツ。ポテト付き。


f:id:sanpei808:20210308193221j:plain

炭水化物×炭水化物のライス。




f:id:sanpei808:20210308193318j:plain

一気呵成に食べかかります。

私は麺類から行きたいタイプなので、まずは沖縄そばから。


軟骨ソーキが二つに、玉子焼き、ネギが乗った沖縄そば

スタンダードな出汁で、味付けも程よいスープです。

平打ちの中太麺は、食べ応えがあり。

特にしっかりと味付けされた軟骨ソーキが美味しかったです。

紅生姜を別皿にする、食堂としては細かい気遣いも嬉しいポイントでした。




沖縄そばを片づけると、次はトンカツへ。

専用のソースをかけて、食べかかる。

後は、トンカツとライス、沖縄そばの残りのスープを合わせながら食べれば、気分は最高潮。

付け合わせのポテトフライとサラダを挟みながら、トンカツを堪能しました。




完食です。

満腹で動けない満足感。

良い週末になりました。


わがままに食べたくなった時、那覇市首里の『かふぅ食堂』お薦めです。

品数も多く、肩肘張らずにふらっと入れる雰囲気の食堂ですよ。