さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

パーラーざきみ

 

f:id:sanpei808:20201230074425j:plain

 

いよいよ、今年も残す所、あと僅か。

車の混み具合で、年末を実感しています。

 

昨晩から一気に冷え込んできて20を切り、南国沖縄でもさすがに寒いと感じます。

 

 

 

そんな寒い日に、ぴったりなのが、「パーラー」の沖縄そば

屋外で食べる沖縄そばは、専門店で食べるのともまた違った風情があって、スペシャル感があります。

 

ちなみに、沖縄では、沖縄そばは専門店で提供されているだけでなく、食堂や、家庭でも広く作られています。

また、弁当屋や、パーラーなどでも販売されていて、大衆食と言われる由縁です。

 

パーラーと言っても、実は名店は多くあって、以前、那覇市若狭にあった『若狭パーラー』は専門店に負けないぐらい有名でしたし。

〈『パーラー若狭』の過去記事〉

https://nagominiikou.ti-da.net/e8247505.html

 

 

那覇市港町の『パーラー徳ちゃん』も、沖縄そばガイドブックに載る、定番の店です。

〈『パーラー徳ちゃん』の過去記事〉

okinawasoba.hatenablog.com

 

 

 

 

今回は、インスタグラムで教えてもらった、読谷村字喜納にある『パーラーざきみ』で、沖縄そばをいただいてきました。

 

場所は、国道58号線から、伊良皆〔北〕を読谷方面へ曲がり、直進。

しばらくすると、ファーマーズマーケット『ゆんた市場』の大きな施設が見えます。

 

 

 

『パーラーざきみ』は、この「ゆんた市場」の入り口右手に併設されています。

駐車場はかなり広いですし、野菜や読谷村の特産品ショッピングも楽しめるので良いですね。

「道の駅」のような感じで、観光できても面白いと思います。

 

 

 

注文は、カウンターで。

屋根付きの屋外に、大型のテーブルが複数並んでおり、食べる場所も困りません。

 

 

f:id:sanpei808:20201230074534j:plain

メニューは、沖縄そばの他に人気の肉巻きおにぎり、ポーク玉子、そして、パーラー定番のぜんざいや、かき氷があります。

夏場は、かき氷なんて良いですね。

 

呼び出しベルをもらって、待つ事しばし。

出てきた沖縄そばは熱々。

 

 

 

f:id:sanpei808:20201230074608j:plain

沖縄そば600円。

三枚肉と、軟骨ソーキから選べます。

 

厚めの三枚肉がしっかり3枚も乗った沖縄そば、本格的です。

かまぼこに、ネギ、紅生姜も。

 

冬場に屋外で食べる沖縄そばは、また格別。

スープが芯から温めてくれる感じがあって、どんどんポカポカしてくる。

 

猫と目が合いながら、パーラーの沖縄そばを楽しみました。

 

 

f:id:sanpei808:20201230074642j:plain

もう一つ頼んだのが、人気メニューと言う「肉巻きおにぎり」150円。

シソと、チーズから選べます。

 

おにぎりを、味付けされた豚肉で包み、棒でいただくもの。

これも美味しかった。

特に豚肉のタレの香りが食欲をそそります。シソがアクセントになっていて、何本でもいけそう。

 

沖縄そばと合わせても良いし、お土産で持ち帰りにも手頃で良いですね。

 

 

 

すっかり、パーラーを堪能してしまった年末の休み。

『ゆんた市場』での買い物も楽しみました。

 

ドライブ中に、ちょうど手頃に楽しめます。

『パーラーざきみ』で、軽くランチいかがですか。