さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

首里そば

f:id:sanpei808:20200713134830j:plain

 

今日は、休みを利用して、沖縄そばの最難関店へ行ってきました。

那覇市首里赤田町にある『首里そば』です。

 

 

首里そば』と言えば、地元だけでなく全国的にも知られた、沖縄そばの名店です。

 

地元の私たちにとって、難関というか、難題は、超人気店ゆえに、並びを覚悟しないといけないこと。

私自身も、最も食べたいけれど、最もハードルが高い店の一つでした。

 

行くなら、今しかないだろうと、決断し、直行しました。

 

 

店は、那覇市首里赤田町の静かな住宅地にあります。

首里城が近くにあり、さすが首里だけあって、周囲にはお寺や文化財が多い。散策しながら、沖縄そばを食べに来るのも良いですね。

 

店内には、焼物が飾られており、木で統一されたテーブルや椅子が素敵です。

満杯のお客さんで活気はあるのに、どこか落ち着いた空気が流れているのは、店のインテリアや雰囲気のせいでしょうか。

 

 

メニューは、シンプル。

沖縄そば、大600円、中500円、小400円。

他に、煮付けや、じゅーしー、ぜんざいなどもあります。

 

今回は、そば大と、じゅーしーを注文。

 

 

ずっと食べたかった『首里そば』。

まず、ルックスの良さに感動。

綺麗な麺や、生姜、三枚肉に、澄んだスープ。

 

他の食べ物もそうだけど、見た目の美しい沖縄そばは間違いなく美味しい、ですよね。

 

 

店を特徴づけている、自家製の手打ち麺。

昔は、各店舗で作られていた沖縄そば麺も、現在では手打ちのお店は、ごく限られています。

 

不揃いの麺は、手打ちの証拠。

長めの平麺ですが、横幅が大から小まであり、食感の美味しさにもなっています。

 

コシがあると言うか、しっかりと歯応えのある麺で、風味もあって、麺自体に美味しさがあります。

 

スープは、澄んだ見た目通り、上品な味わい。

一口目は薄く感じる味付けも、飲み進むほど、出汁の旨さが感じられて、最後には口いっぱいに旨味が広がっていく印象でした。

 

赤肉や三枚肉も上品な味付けで、刻み生姜も、沖縄そばの良いアクセント。

一杯の完成度が、やっぱり高い。

 

 

ちなみに、これだけ超人気店で、沖縄そば大の価格が600円なのは、本当に良心的。

沖縄そばは、庶民の食べ物で、地元沖縄では、気軽に食べられる外食の代表でもあります。

店の心意気に感謝ですね。

 

 

満足感いっぱいで、店を出ました。

今日は、待ち時間もなく食べることができましたよ。

 

特に地元、沖縄の方に、声を大にして言いたい。

 

首里そば』に行くなら、今ですよ!

 

ソーシャルディスタンスなどにも気をつけながら、今こそ首里伝統の沖縄そばを食べる時です。

 

 

 

f:id:sanpei808:20200713135109j:plain

ちなみに、一緒に注文した、じゅーしー200円も美味でした。味付けが上品。



那覇市沖縄そば一覧】

okinawasoba.hatenablog.com

[http://:title]