さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

あやぐ食堂11 牛丼

f:id:sanpei808:20210523213006j:plain【あやぐ食堂全制覇への道】

人生で、ささやかな夢って、誰しもあると思います。
ハリウッド俳優になりたいとか、3億円当てたいとか、そんなんじゃなくて。
ケーキを1ホール食べてみたいとか、憧れの場所へ行ってみたいとか、出来そうなんだけどやってないやつ。

自分の以前からの夢で、沖縄そばの食べ歩きもそうなんですが、那覇市首里の『あやぐ食堂』のメニューを全制覇してみたいっていう願望があって。
これは今やっとかないと、きっと後悔すると思い、企画を立ち上げました。

沖縄そば食べ歩きとは少しズレますが、沖縄の名物食堂の記録と記憶を残したい、さんぺいの夢の実現に付き合ってもらえたら嬉しいです。

〈『あやぐ食堂』の過去記事〉

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

 

11回目の今回は、「牛丼」650円をいただきました。

「牛丼」と聞いて、意外に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
沖縄の食文化を体現する沖縄食堂は、個性的な料理の宝庫。

ちゃんぷるーやソーキ汁、ゆし豆腐などの沖縄の郷土料理をはじめ、「Aランチ」などアメリカ文化を取り入れた、ミクスチャーな料理が満載なんです。

そこで、なぜ「牛丼」?

f:id:sanpei808:20210523205043j:plain実は、沖縄の食堂でも丼ものとして不動の定番「カツ丼」を置いている店は多いですが、「牛丼」をレギュラーメニューにしている所が少ないんです。



「牛丼」と言えば、全国的には有名チェーン店が熱いですよね。
個人的にも「牛丼」チェーンにはお世話になっていて、この話題だけでもブログの記事を書きたいぐらいです。

「牛丼」チェーンについては、大好きな漫画『めしばな刑事タチバナ』の牛丼回が秀悦なので、「牛丼」ファンは是非読んでみてください。

※『めしばな刑事タチバナ』1巻第2ばな「牛丼サミット」

ドラマ化もされていますよ。

www.tv-tokyo.co.jp



脱線しますが、「牛丼」の話題で、どうしてもこれだけは語っておきたいのが、ローカルチェーンの『どん亭』について。

めしばな刑事タチバナ』第1巻でも触れられていますが、沖縄に複数店舗存在するローカルな牛丼屋です。
以前は、関東にもあったようですが、ここ沖縄で根付いている牛丼店。

吉野家」「すき家」以前から沖縄にあった『どん亭』は、沖縄県民にとってまさに「俺たちの牛丼」。

www.dontei.jp


その魅力は何と言っても、価格とボリューム。
特に看板メニューの「どん亭スペシャル」は、牛丼、カレー、トンカツが合わさったまさに夢のメニュー。

f:id:sanpei808:20210523211832j:plain

これが750円。
通称「どんスぺ」。夢が詰まったメニューです。

自分も何度「どんスぺ」のお世話になったことか。
B級グルメ好きな方は、沖縄へきたら是非一度、『どん亭』を訪問してみてください。




脱線が長くてすみません。
話を『あやぐ食堂』へ戻します。

f:id:sanpei808:20210523212219j:plain

これだけ牛丼チェーンがしのぎを削る中、老舗の食堂がどんな「牛丼」を出すのか興味ありませんか。
私自身、食堂の丼ものは「カツ丼」一択だったので、今回、あらためて食べる「牛丼」にめちゃくちゃ興味がありました。


f:id:sanpei808:20210523212543j:plainどどん。これが、『あやぐ食堂』の「牛丼」です。

やはり、牛丼チェーンの「牛丼」とは雰囲気が違いますね。

f:id:sanpei808:20210523212725j:plain
ちなみに、汁物はデフォルトで沖縄そばが付いてきます。
丼ものに沖縄そばまで食べられるなんて嬉しすぎる。

f:id:sanpei808:20210523212915j:plain
印象として、まず牛のボリュームが凄い。

写真でうまく伝わっているか分かりませんが、厚みのある牛肉が、一層ではなく、二重、三重には入っているイメージ。
食べても食べても、ご飯に到達しない感じです。

しっかり味付けされた牛肉が、とにかく沢山入っていて、これだけで「牛丼」としては200点叩き出しているでしょ。



『あやぐ食堂』の「牛丼」はさらに、牛肉だけでなく、玉ねぎ、にんじん、葉野菜もしっかり入って炒められており味わいが豊か。
卵も加わることで、まろやかさもあります。

なんと言っても味付けは『あやぐ』印なので、間違いない美味しさ。

満足感のある一杯でした。

 

f:id:sanpei808:20210523215442j:plain分かる人には分かると思うのですが、牛丼チェーンの「アタマの大盛」をさらに凌ぐボリュームなので、がっつり行きたい時にはお薦め。
有名店の「牛丼」とは方向性が全く違うので、別物の沖縄食堂オリジナルの「牛丼」として楽しむのが良いと思います。

個人的にも、今後は食堂での「カツ丼」一択を卒業し、「牛丼」も選択肢に入れていきます。
それぐらい美味しかった「牛丼」。

また、食べたい。



[http://:title]