さんぺいの沖縄そば食べ歩き

沖縄生まれ、沖縄育ち。沖縄そばの食べ歩き日記です。

あなたの知らない沖縄焼きそばの世界

ども、さんぺいです。

沖縄そば食べ歩き」を掲げている当ブログですが、今回は、一般的な沖縄そばではなく、言わば沖縄そばのB面のような存在、「沖縄焼きそば」を取り上げたいと思います。

okinawasoba.hatenablog.comこれまでも、山羊汁を使ったそばや・・・

okinawasoba.hatenablog.com牛汁を使ったそばなど、沖縄そばから派生した様々な変わったそばを取り上げてきましたが。

今回は、沖縄そばの亜種の中でも、本命と言っていい「沖縄焼きそば」について紹介したいと思います。

「沖縄焼きそば」とは、沖縄で広く食べられている焼きそばの総称で、地元沖縄では単に「焼きそば」と呼ばれています。
ここでは、「沖縄焼きそば」と表記しますね。

その最大の特徴は、沖縄そばの麺を用いて焼きそばを作っていること。

本土の焼きそばにももちろん様々な麺の種類があると思いますが、これだけはっきりとした個性を持った焼きそばは、実は珍しいと思います。


oki-soba.jp
沖縄そばの麺には、製造方法や原材料に厳密な定義があり、県内の製麺所で広く作られています。

「そば」という名称ですが、蕎麦粉を使わず、中華麺の一種で、ラーメンともうどんとも違う独特の食感があります。

沖縄そばの麺の食べ方として、スープと合わせた一般的な「沖縄そば」と並んで、焼きそばとして用いるのは沖縄県民の間で最もポピュラー。

誰もが必ず、家庭で沖縄そば麺を用いた焼きそばを一度は食べたことがあるはず。

もしかしたら、家庭においては、スープと食べる「沖縄そば」よりも、焼きそばとして食べる頻度の方が高いかもしれません。
それぐらい人気の食べ方なんです。



www.nta.co.jp
そんな沖縄県民の間でも人気の「沖縄焼きそば」が、なぜ「B級グルメ」の全国区になっていないのか?
疑問に思う方も多いはずですが。

おそらく、沖縄県民にとって当たり前過ぎる存在だった、沖縄そば麺を用いた焼きそばは、タコライスゴーヤーちゃんぷるー、ステーキなどの影に隠れ、アピールされることが無かったんだと思う。

でもでも

声を大にして言いたい

沖縄そば麺を使った「沖縄焼きそば」は、日本全国の中でも特殊な存在で、そしてメチャクチャ美味しいと。

 

 

 

dailyportalz.jp
デイリーポータルZ」のサイトでは、沖縄県内各地の食堂の「沖縄焼きそば」を取り上げていますが、いかに本土の焼きそばとは違うかがお分かりいただけると思います。

 



前置きが長くなりましたが、「沖縄焼きそば」の実食です。

「沖縄焼きそば」は、沖縄そば麺を使った焼きそばで、沖縄県内の食堂なら一般的なメニューになっており、どこでも食べられるはず。

ただ、沖縄そばの専門店では扱っている店は少なく、ちゃんぷるーや定食を扱っている食堂で提供している事が多いですね。

今回は、1974年創業、伊江島にある『すずらん食堂』で「沖縄焼きそば」をいただきました。



メニューには、単に「焼きそば」と表記されていますが、沖縄の食堂ではほぼ沖縄そば麺を用いた「沖縄焼きそば」が出てきます。




じゃじゃん、これが沖縄そばの麺を用いて作られた「沖縄焼きそば」です。

ソースの香りがもう美味しそう。

お皿にドカンと盛り付けられた焼きそば。
沖縄の食堂のメニューは皆そうですが、洒落た感じではなくボリュームがあって、豪快で、誰にでも好まれるような味つけが魅力です。

 

 

すずらん食堂』の「沖縄焼きそば」は、玉ねぎににんじん、葉野菜、もやし、ネギ、かまぼこにウィンナーが入っています。

そして、焼きそばと言えば、定番の紅生姜も。

 

 

すずらん食堂』では汁物で、アーサ汁が付いてきます。
最高。


「沖縄焼きそば」の最大の特徴は、この沖縄そば麺。

もちろん、スープと合わせて「沖縄そば」としていただいても美味しいのですが、ソースを絡めて、炒めても美味い。

平打ちで、ラーメンよりも太く、硬めの食感が特色です。
うどんがもっちりとしているのに対し、沖縄そば麺はぷつんと切れるような感じ。

この太くて、力強い麺が、「沖縄焼きそば」の魅力なんです。
食べ応え抜群の麺で、これを食べ慣れたら、もう元には戻れないはず。

ソースが良く絡んだ太麺を、わしわしと食べるのがGOOD。



沖縄そばの麺を、ある意味で「沖縄そば」以上にストレートに味わえる「沖縄焼きそば」。

沖縄ならどの地域の食堂でも気軽に食べる事ができます。


katatosi.com

また、最近では、「マツコの知らない世界」でも「ご当地焼きそばの世界」の一つとして、「沖縄そば麺」と「しじみ醤油」を合わせた焼きそばが紹介されました。

沖縄そば麺は、比較的取り寄せもしやすいので、「沖縄焼きそば」は家庭でも楽しみやすい料理だと思います。

沖縄そば」が、沖縄を代表する郷土料理として全国に知らている一方、同じ材料を使っていながら「沖縄焼きそば」は未だその存在を知られていない大型新人です。

B級グルメ界のリーサルウェポン、沖縄料理の中でもタコライスゴーヤーちゃんぷるーに次ぐネクストブレイクの候補として、私は「沖縄焼きそば」を強く推したい。

皆さん、2022年は「沖縄焼きそば」を流行らせましょう。




<ブログで取り上げた沖縄焼きそばのお店>

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com

okinawasoba.hatenablog.com